English
Japanese

バイリンガル社労士 上岡のブログ

2009年6月 5日 金曜日

体育祭と組織論

こんにちは。横浜山下町の社会保険労務士の上岡です。

この時期、小中学や高校で運動会・体育祭が開催されますよね。ちょっとちがった体育祭の見方、お教えします。
体育祭の花といえば、やっぱり騎馬戦や棒倒し。見ているだけでこちらまで熱くなります。


騎馬の上に乗っている子供を見ると、活発で負けん気の強そうな子が多いと思いませんか?そして、馬の役割の子は先頭になる子が背の高い子、他の子はどちらかというと、サポートするタイプですね。どうしてこういう人選をするのかというと、勝ち抜くために戦える騎馬にしているんですよね。

それから棒倒し。まず棒を倒しに行くフォワード、敵方の先陣を防御するディフェンス、棒を守る子供と、それぞれに役割がはっきりしていて、適材適所を貫いていますね。

何を基準にして担当を決めているかというと一人ひとりの

 1)運動能力
 2)体格や体力
 3)性格

などによって決めているようです。その子の適性を普段から見ていて役割決めをしているのでしょう。

一人ひとりが自分に与えられた役割を果たすことで勝利につながります。 そして忘れてはいけないのは、その組織の求心力です。よく円陣を組んで、「みんな、がんばろーぜ!絶対勝つからな!」という掛け声をかけて一体となるあれですね。

1プラス1が3にも4にもなる、そのためには心を一つにすることが大切だと、つくづく思います。

オフィスの中を離れて、屋外のグラウンドで見る競技に教えられることが多い体育祭。お子さんや親戚の体育祭を見る機会があったらぜひ、いつもと違った角度から楽しんでみてください。
 

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら