English
Japanese

バイリンガル社労士 上岡のブログ

2009年7月22日 水曜日

英検2級に思うこと

こんにちは。横浜山下町の社会保険労務士の上岡です。

7月12日に、英語検定の2次試験が実施されました。私は今はもう受験していませんが、英検の参考書を手に取る機会があって、2級の2次試験の内容を見たところ本当にびっくりしました。


難易度でいったら、かつて私が準1級ができはじめたころに受験したよりはるかに難しくなっていたからです。

当時の準1級の試験は、4コマのイラストのはいった紙を渡され、そのイラストからストーリーを考えて英語で説明し、そのあとに何問か質問を受けるというもの。ストーリーの内容は、旅行中のハプニングや日常生活のことが多かったと思います。

今の問題はと言うと、まずあるまとまった英語の文章が書いてある紙を渡され、それを音読しそのあとで2問質問を受けます。その内容は、主に環境問題が中心のようですが、地球温暖化やゴミの削減など難しい語彙を知らないと太刀打ちできないものです。

また、そのあとに4コマイラストを見ながらストーリーテリングするものですが、それに対する質問が難しい!例えば、ゴミの削減に関する質問だったら、

「あなたは、ペットボトルを使用することは地球の環境にとって良いことだと思いますか?」

当然、YES・NOの後にその答の根拠を言わなければなりません。日頃からそうした問題に興味を持って、自分の考えがないと英語どころか、日本語ですら答えることができない問題です。

私もちょっと試しに答えるようとしたところ、英語で自分の考えを言えても、頭で考えていたよりも英語がスラスラと出てこないことにちょっとあせりを感じました。

普段から英語を話す機会の多いものですらこうなのですから、日常生活で英語を話しなれていなければ、試験官の前で自分の考えを話すのは受験生にとって至難の業。

試験のレベルがそれだけ難しくなってきているということは、英語を話せる層もより厚くなっているということですね。

私もこれからさらに英語の研鑽を積んでいきたいと思います。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら