English
Japanese

人事労務管理

2009年8月27日 木曜日

部下の「できない」を考える

人事評価制度の構築を担当させていただいた企業で、制度導入前に評価の仕方について管理職研修を行っています。

実は、弊社で管理職研修や考課者研修を行うと必ず出てくる質問がいくつかあります。 
その一つをご紹介すると:


  上司が部下に何を指示しても「できません!」を
  連発するケースです。

管理者であれば、その一言でカチンときてしまうもの。でもここでひるんではいけません。なぜなら、部下は上司よりも仕事の情報がはいってこない立場にあります。
部下の「できない」を分析すると、部下は自分の立場で、自分の枠の中で考えて「できない」と言っているのです。
その「できない」をもう少し細かく落とし込んでいくと

 1) 今はできないのか?
 2) 時間がなくてできないのか?
 3) 経験やノウハウがなくてできないのか?
 4) 人手が足りなくてできないのか?

実は部下ですら、その理由がわかっていないケースがほとんどなのです。それなら一緒になってその理由を一つ一つつぶしていきましょう。

 1) 時間がない  それなら現在の仕事の優先順位を見直して、
                後にしても良い業務を見分けましょう。

 2) 経験やノウハウがない  それなら同じ部内でその仕事に
                     精通している社員と一定期間
                     一緒に仕事をさせる、OJTを
                     するなどで解決が可能でしょう。

つまり、上司と部下が一緒になり、部下が主体的にやり方や進め方を考えて合意していく、そうしたプロセスこそが求められるのです。マーシャル・コンサルティングが常に大切に考えているコミュニケーションの重要性がここで求められるのです。いつも相手と同じ意見であるとは限りません。意見が違った場合に、その違いはどこにあるのか、それをお互いが主体的に"聴く"ことが不可欠です。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら