English
Japanese

バイリンガル社労士 上岡のブログ

2011年2月 1日 火曜日

外資系企業の人事労務問題に英語 スカイプで対応 ~Part2 社会保障の説明~

こんにちは。
横浜山下町の社会保険労務士、上岡弓見子です。

外資系企業のスカイプを使ってのコンサルティング、前回はすでに日本に進出している企業が英文就業規則を作成する場合の流れをお話しました。 Part2ではこれから日本進出を考えている企業へのコンサルティングです。



これから日本に進出する企業が直面するのは、日本で社員を雇うときに、雇用契約で注意しなければならない点と雇用契約書の作成です。

その進め方は英文就業規則の作成の流れと似ています。実はもう一つのポイントがあります。 それは日本に進出して社員を雇い入れた後の社会保障をどうするかという点です。

社会保障、日本では一般的に社会保険として知られていると思います。この社会保険も労災保険・雇用保険・健康保険・厚生年金保険の4つの概念を含むものととらえられていると思いますが、法的には、労災保険・雇用保険の2つを労働保険、健康保険・厚生年金保険を社会保険といいます。

社会保障のあり方は国によって異なるため、日本では当然に加入しなければならない労働・社会保険も、ある国では民間の保険で対応するケースもあります。

その例が、アメリカとの健康保険制度の違いです。アメリカではメディケア、メディケイドといった制度はありますが、いずれも日本のように国民皆保険の制度ではないため、企業は社員のために民間の保険を購入するケースが多いそうです。

ところが、日本では健康保険法・厚生年金保険法に定める一定の業種に該当する法人または5人以上の事業所の場合は強制的に加入しなければなりません。
こうした点について、スカイプでご希望のあった企業には次のステップで英語で説明を行っています。

  
1.時差を考慮してスカイプでミーティングする日時と参加者を決めておく

  参加者は2人以上でもOKです。

2.参加者に事前に説明資料をメールで送っておく

3.スカイプで説明。 
  カメラを使うとお互いの顔が見えるので距離感がなくなります。

今まで実施した国は、
  アメリカ
  カナダ
  韓国
  シンガポール
  ドイツ


などさまざまです。 

ご希望・ご質問があれば、ぜひお気軽にコンタクトしてください!


スカイプアドレス: yumiko.kamioka

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら