English
Japanese

バイリンガル社労士 上岡のブログ

2011年11月 9日 水曜日

原子力関連施設退職者への労災補償 ~アメリカ~

ちょっと気になった海外ニュースがあり、ご紹介したいと思います。


【海外】 <アメリカ>
 
▽原子力関連施設退職者への労災補償

10月13日、米国労働省はウィスコンシン6カ所、オハイオ25カ所の
原子力関連施設で勤務した退職者への労災補償の取り扱いについて公表しました。



これは、原子力発電施設もしくは原子力兵器を取り扱う労働者が被曝等によりガン、ベリリウムに起因する疾病や珪肺(けいはい)症を発症した場合の治療費等を保障するエネルギー従業員職業病補償プログラム法に基づきます。

これにより、退職者は最大で15万ドルの補償金と医療保障を受けることができます。

労働省では、退職者は労働省の出先機関まで連絡をとるよう呼びかけています。

一般的な労災補償は各州法で定められていますが連邦政府の特別プログラムについては

  連邦政府職員補償プログラム
  港湾・造船労働者補償プログラム
  黒肺病補償給付プログラム

などのように個別に定められており、エネルギー従業員労働災害補償プログラムも特別プログラムとして定められています。

Energy Employees Occupational Illness Compensation Programが準拠法になります。


このエネルギー従業員職業病補償プログラム法ですが、ぜひその内容を調べてみたいと思います。詳細がわかりましたら、またブログでご紹介したいと思います。
 

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら