English
Japanese

全記事表示

2012年7月14日 土曜日

パート労働者の労働条件見直しの動き

◆来年の国会に改正案を提出へ
厚生労働省は「パート労働法」の一部を改正し、今後は有期雇用で働くパート労働者の待遇を正社員並みとする方針を示しています。
先日示された「今後のパートタイム労働対策について(報告)(案)」の内容をベースとして、来年の通常国会へ改正案提出を予定しているようです。



◆パート労働者の現状
現在、雇用者の4人に1人以上がパート労働者であり、厚生労働省では、「パート労働という働き方の環境整備が必要であり、パート労働者の均衡待遇の確保を促進していくとともに、均等待遇を目指していくことが求められる」としています。
また、「短時間であることから働き方が多様となるパート労働者の待遇について、納得性を向上させ、あわせてパート労働者に対する継続的な能力形成も進めていく必要がある」としています。

◆報告書案の内容
なお、現在示されている「今後のパートタイム労働対策について(報告)(案)」の主な内容は、次の通りです。
(1)パート労働者の均等・均衡待遇の確保
  ・職務内容が通常の労働者と同一で、人材活用の仕組みが通常の労働者と
   少なくとも一定期間同一であるパート労働者について、当該一定期間は、
   通常の労働者と同一の方法により賃金を決定するように努めるものとされて
   いる規定を削除することが適当。
  ・通勤手当は、パート労働法の均衡確保の努力義務の対象外として例示され
   ているが、多様な性格を有していることから、一律に均衡確保の努力義務の
   対象外とすることは適当ではない旨を明らかにすることが適当。
(2)パートタイム労働者の雇用管理の改善
  ・パート労働者の「賃金に関する均衡」、「教育訓練の実施」、「福利厚生施設の
   利用」、「通常の労働者への転換」等に関し、パート労働者の雇入れ時等に、
   事業所で講じている措置の内容について、パート労働者に説明することが
   適当。
  ・パート労働者からの苦情への対応のために担当者等を定めるとともに、
   パート労働者の雇入れ時等に周知を図ることが適当。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら