English
Japanese

ワークライフバランス

2012年8月 2日 木曜日

「仕事」と「介護」を両立する社員が増加する時代へ

◆労使双方にとって非常に重大な問題
「仕事と介護を両立する社員が増加する時代」が近々到来すると言われています。これは、企業にとっても社員にとっても、非常に重大な問題です。
東京大学社会科学研究所「ワーク・ライフ・バランス推進・研究プロジェクト」では、「従業員の介護ニーズに関する調査」を実施し、報告書をまとめました。



◆社員の介護の状況
この調査では、主に40歳以上の社員を対象に、仕事と介護の両立に関する不安などについて調査しています(下記は、大企業に勤務している人が対象の調査結果です)。
現在の介護の状況ですが、「現在、介護をしている」という人は全体の13.9%(男性12.3%・女性16.7%)でした。

そして、「将来の介護に対する不安の内容」(複数回答)については、次の通りとなっています。
(1)介護がいつまで続くかわからず、将来の見通しを立てにくい(50.0%)
(2)適切な介護サービスが受けられるかどうかわからない(43.5%)
(3)公的介護保険制度の仕組みがわからない(39.1%)
(4)仕事を辞めずに介護と仕事を両立するための仕組みがわからない(29.9%)
(5)介護休業などを職場で取得している人がいない(27.3%)

◆勤務先の支援制度に不満!
また、株式会社第一生命経済研究所が、20 歳から69 歳までの正社員として働いている人で、現在または過去に親(配偶者の親を含む)の介護経験がある人(953 名)を対象に行ったアンケート調査では、「介護で仕事を辞めたい」と思うことがある人のうち69.0%が、「勤務先の両立支援制度に不満がある」と回答しています。
社員の「育児支援」のみならず、「介護支援」にまで配慮することのできる余裕のある企業は多くないかもしれませんが、そのような配慮が必要となる時代が近い将来やってくるかもしれません。


ワークライフバランスというと「女性のもの」と考えられがちですが、アンケートによると40歳以上の男性の1割以上が「今現在、介護をしている」と回答しています。核家族化、少子化により介護の手が減り、不況の為に共働きが増え、今までのように「女性が家庭で介護をするのが当たり前」という時代ではなくなって来ています。
能力の高い社員に長く働き続けてもらうためにも支援制度を見直してみませんか?
また、「介護=私たちが介護をする」ばかりではありません。そう遠くない将来、私たちの子供が介護をする側になるかもしれません。今ここでワークライフバランス制度を見直す事は、自分の子供たちのためにもなるのです。

ワークライフバランス導入にお困りの際はぜひマーシャル・コンサルティングまでご連絡ください。
マーシャルのサイトのワークライフバランスページも是非ご一読ください。
残業時間の削減や業務改善の方法、短時間勤務制度など、御社のお役に立てる事がきっとあると思います。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら