English
Japanese

全記事表示

2012年8月 1日 水曜日

主婦に聞いた「夏のボーナス」の使い道

◆「主婦目線」による回答
損保ジャパン・ディー・アイ・ワイ生命保険株式会社では、全国の20~50代のサラリーマン世帯の主婦500 名(各年代毎125 名)を対象に、「2012 年夏のボーナスと家計の実態」に関するアンケート調査を実施しました。
夏季賞与の使い道などに関して、「主婦目線」での考え方がわかります。


◆調査開始以来、最低の手取額
今年の夏季賞与額について尋ねたところ、「25~50 万円未満」(31.0%)が最も多く、「50~75 万円未満」(27.0%)が続いています。
平均手取額は 61万1,000円で、昨夏よりも 6万5,000万円減少しており、本調査開始以来、最低の額となっています。
今後の夏季賞与の見通しに関しては、全体の約3割の人が「減る」「なくなると思う」と回答しており、家計の現状に関しては約6割の主婦が「苦しい」と回答しています。昨今の不景気を反映し、家計に対して悲観ムードが広がっているようです。

◆賞与の使い道は?
次に、「ボーナスの使い道」に関して尋ねたところ、例年通り「預貯金」がダントツトップとなっており、「堅実派」「安定志向」の主婦が多いことがわかります。
ベスト10(複数回答)は次の通りです。
(1)預貯金(72.8%)
(2)生活費の補填(38.2%)
(3)ローンの支払い(32.6%)
(4)国内旅行(26.6%)
(5)家電製品の購入(19.0%)
(6)プチ贅沢(18.6%)
(7)子供の教育関連(18.2%)
(8)衣料品・服飾費(16.4%)
(9)クレジットの支払い(13.2%)
(10)住宅関連資金(6.8%)
なお、夏季賞与の中から夫に小遣いを渡す主婦は51.2%と約半数で、渡した人の平均金額は10.8 万円だったそうです。

夏はレジャー費もかかり増々出費が増えますね・・・。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら