English
Japanese

ワークライフバランス

2012年9月 4日 火曜日

最多は月平均67時間! 残業の多い職種は?

◆月平均は28.6時間
株式会社インテリジェンスは、25~34歳のビジネスパーソン(正社員・契約社員)5,000人を対象に「残業時間」に関するアンケート調査を実施し、その結果を発表しました。
この調査結果によれば、2012年における平均残業時間は「月28.6時間」であり、調査開始(2007年)以降、最も多くなりました。
同社では「リーマンショックによるリストラの実施や採用の抑制で人員を抑えていた中、足元の景気回復により企業で人手不足が発生し、既存社員の残業が増えていることが背景にある」と分析しています。

◆残業の多い職種
職種別(58職種)の平均残業時間の1~10位は、次の通りとなっています(カッコ内は月平均の残業時間)。
(1)映像クリエイター(67.0)
(2)プロパティマネジメント(不動産業)(62.5)
(3)セールスエンジニア(製造業)(57.6)
(4)コンサルタント(シンクタンク)(51.5)
(5)広報(49.7)
(6)ゲームクリエイター(45.0)
(7)ファンドマネジャー・アナリスト(44.3)
(8)営業(不動産業)(41.9)
(9)商品管理(流通業)(41.8)
(10)投資銀行業務(41.3)

◆これからの企業の対策
残業増加の要因として「景気回復」と「人手不足」が指摘されていますが、既存社員の業務量(=残業時間)が増える企業は今後も増加するのではと言われています。
残業時間の増加は、企業(人件費の問題)にとっても、従業員(健康上の問題)にとっても大きな負担となりますので、何らかの対策を講じる必要があるでしょう。

残業時間の削減のためにはワークライフバランスの構築が必要不可欠です。ワークライフバランスは子育て中の世代のためだけの制度ではありません。近い将来誰にでも訪れる可能性のある介護の為にも必要な制度なのです。また子育てや介護だけでなく業績アップのためにも欠かせません。つまり会社にとっても社員にとっても有用な制度なのです。
株式会社マーシャル・コンサルティングはワークライフバランスの構築にあたり、御社にとって必要な適切なアドバイスが出来る専門家です。お困りの事がありましたらお気軽にご相談ください。弊社のウェブサイトでもワークライフバランスについて詳しく説明しておりますので、是非ご一読ください。

また弊社では
(1) 景気低迷下でも業績を伸ばすしくみとは(不況耐性力をつける)
(2) 人手不足を解消し、優秀な人材を十分に確保するには
(3) 残業ゼロ、有給休暇を取っても業績アップのコツ!
等を題材に人事戦略セミナーも随時承っております。詳細はウェブサイトをご覧ください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら