English
Japanese

ビジネス最前線

2012年9月13日 木曜日

今こそ必要な「旅費規程」の見直しと経費節減策

◆財務省主導による調査の結果
財務省から、「民間企業の旅費に関する実態調査」(調査対象3,500社、回答540社)の結果が発表されています(調査実施は株式会社リサーチアンドソリューション)。
この内容は、出張が多く経費がかさみがちな企業にとっては、非常に参考になるものでしょう。

◆「旅費規程」の具体的な見直し内容
この調査結果によれば、「過去に旅費規程の見直しを実施した」企業は8割強で、大幅な見直しを実施していない企業は18.0%に過ぎませんでした。
平成23年度調査における「旅費規程」の見直し内容で、約15%以上の企業が実施している内容は次の8項目でした。
(1)手続き、精算方法の簡素化(25.0%)
(2)ディスカウント・チケット等の利用(19.3%)
(3)手続き、精算方法の厳格化(17.6%)
(4)距離区分・地域区分の見直し(17.0%)
(5)出張事前承認・承認の厳格化(15.9%)
(6)日当の引下げ(15.4%)
(7)職階区分の見直し(14.6%)
(8)宿泊料の実費支給化(14.6%)

◆具体的な経費節減策
また、出張関連の経費節減策として、下記の内容を実施している企業が多いようです。出張旅費が増加傾向にある企業にとっては経費節減のヒントとなるでしょう。
・出張件数の削減(必要な出張のみ実施、事前承認の厳格化、テレビ会議システムの導入)
・出張内容の短縮、小規模化
・「宿泊出張」から「日帰り出張」への変更
・各種割引運賃、パック商品、コーポレートカードの利用
・旅行代理店との契約
・会社でのマイレージの管理

株式会社マーシャル・コンサルティングでは就業規則や諸規定の変更ならびにチェックも承っております。チェック項目のごく一部を公開しておりますので、是非ご参考になさってください。また、就業規則の作成・指導についてウェブサイトでも詳しくご説明いたしておりますので、是非ご一読ください。

「社員が持てる力を発揮できる」、「リスクを軽減し、会社が成長する」
経営者なら誰しも考えることは、適切な就業規則により明文化され、行動に反映されます。既に就業規則の整備されている場合でも時代の流れとともに再検討が必要なこともあります。
会社を守り、社員が安心して結束して働ける環境づくりをマーシャルの就業規則作成プランがお手伝いします。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら