English
Japanese

ビジネス最前線

2013年3月19日 火曜日

「解雇権濫用」「名ばかり管理職」に関する裁判例

◆メーカーが多数の労働組合員を解雇
神戸市にある鋼管メーカーを解雇された従業員(22人)が地位確認などを求める訴えを提起していましたが、神戸地裁は「解雇権濫用のため無効である」として、会社に対して未払賃金の支払いを命じる判決を下しました(2月27日)。
この会社は、事業縮小を理由として2011年6月に工場勤務の従業員(28人)を解雇しましたが、28人のうち26人は労働組合員だったそうです。
裁判官は判決で「他部署への配転を検討するなど、解雇を避ける努力を尽くしていない」と指摘し、また、解雇された従業員の大半が労働組合に加入していたことが「明らかに不自然である」としました。
原告の男性の1人は、「会社は判決を重く受け止め、早く職場に戻してほしい」と話しているとのことです。

◆大学が財務課長を管理職扱い
広島県にある私立大学の元財務課長(57歳)が、実態は管理職ではないにもかかわらず管理職として扱われて残業代が支払われなかったとして、大学側に対して未払賃金等(約630万円)の支払いを求めて訴えを提起していましたが、広島地裁は「時間外手当の支給対象外となる管理監督者には該当しない」として、学校側に対して約520万円の支払いを命じました(2月27日)。
訴えていた男性は、2008年4月から2011年3月まで財務課長を務めており、最も多い月の残業時間は103時間30分だったそうです。
裁判官は判決で「原告の上司として法人事務局長などが置かれ、業務の大部分で上司の決裁が必要であり、権限は限定的だった」としました。また、出退勤時間等に関する裁量が限られていたことなども考慮され、「権限や責任が経営者と一体というのは困難である」とされました。
大学側はこの判決に不服のため、控訴を検討しているとのことです。

平成23年度の民事上の個別労働紛争(約25万件)のうち、解雇に関するものが最多で実に18.9%を占めています。「解雇」は非常に大きなリスクをはらんでいるのです。改めて解雇のルールについて確認してみましょう。

◆初回無料でご相談ください
社会保険労務士は、労働法や社会保障制度及び人事管理に関する事項において裁判以外の紛争処理(ADR)を
扱うことのできる日本独自の専門家としての資格です。
特定社会保険労務士としては、労働紛争を解決するためのあっせん・調停の代理人となり、解決を図ります。
解雇の事や問題のある社員にお困りの事がございましたら、やみくもに行動する前に是非マーシャルにご相談ください。

あっせん代理(トラブル解決)のページにはご相談事例や弁護士と社会保険労務士についての詳しい説明なども掲載しております。是非ご一読ください。



また、労務について相談できる人がいないため大きなトラブルに発展する危険性があります。
会社経営者の方や人事のご担当者様が、実際のアクションを起こす前にご相談いただくことで、
ベターソリューションを得られ、安心して問題解決に当たっていただけます。
行動を起こす前にまずはご相談ください。


弊社では、お気軽にご相談いただけるよう初回ご相談を無料で承っております(1時間程度)。
お困りの事がございましたら、お気軽に無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

※できる限り迅速に対応させていただきますが、コンサルタントの業務の関係上、
 ご連絡までに最大で1週間程度(もしくは数日間)お待ちいただく場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
 あらかじめご了承をお願いいたします。




投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら