English
Japanese

全記事表示

2013年3月22日 金曜日

「帰宅困難者対策条例」への企業の対応

◆帰宅困難者の受入れに向けた準備が本格化
東日本大震災で500万人を超える帰宅困難者が出た首都圏では、震災から2年が経ち、駅周辺の施設を中心に帰宅困難者を受け入れるスペースを設ける動きが広がっているほか、企業が協力して帰宅困難者を受け入れる訓練も次々に行われています。
行政機関では、東京都が帰宅困難者をその場にとどめるため、水や食料の備蓄を企業などに求める帰宅困難者対策条例を来月から施行します。
施行を前に、水や食料を備蓄する動きが本格化しているようです。

◆「東京都帰宅困難者対策条例」とは?
大規模災害が発生し、鉄道等が復旧しない中、多くの人が帰宅を開始すると、救助・救援活動等に支障が生じる可能性があります。こうした事態をできるだけ軽減するための対策として都、住民、企業の役割などを東京都が条例として定めたもので、2013年4月1日施行予定で、企業には次のような取組みを求めています。
(1)従業員の一斉帰宅の抑制(施設の安全確認と3日分の食料等備蓄)
(2)従業員との連絡手段の確保などの事前準備(従業員との連絡手段確保と、
   従業員に対して家族との連絡手段の複数確保の周知)
(3)事業所防災計画の策定

◆条例に対する企業の懸念事項
東京経営者協会が行った「東京都帰宅困難者対策条例への企業の対応に関するアンケート」の結果によると、「一斉帰宅抑制方針」を定めている企業は57.0%で、何らかの「備蓄をしている」企業は93.0%、企業の帰宅困難者対策に関する意識は高いことが伺えます。
一方、条例施行後に企業として懸念する点として、「待機させた従業員がその後の余震などで被災した場合の会社の責任」や、「帰宅させた従業員が帰宅途中で被災した場合の会社の責任」などの従業員に対する企業の責任に関する懸念が上位を占めました。
また、通行人や被災者を受け入れる際の備蓄品の不足など、社外の者の受入れに対する関する懸念や、通行人を社屋に入れ設備を毀損した場合の責任に関する懸念なども挙げられました。

◆「もしもの場合」に備えて対策を
今後、巨大な地震が起こる確率は首都圏に限らず全国的に高いと言われており、企業の防災対策は必然と言っても過言ではありません。
東日本大震災から2年が経った今、企業として備えておくべきことを再確認してみてはいかがでしょうか。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは業績拡大を実現し災害に備える人事戦略研修を承っております。
弊社が実践したコンサルティング結果から、災害に強い企業は平時から生産性も高く業績拡大も実現しているという相関関係が明らかになってきました。
この研修では、クロストレーニングやBCPについても詳しくご説明いたします。
必ず皆様の今後のビジネスのお役に立てることと思います。
 
研修開催のお申込みはこちらから承ります。

また、災害時には在宅勤務や短時間勤務を余儀なくされることが予想されます。その為にはワーク・ライフ・バランスの構築が不可欠です。ワーク・ライフ・バランスの構築には是非、マーシャルをご指名ください。
マーシャルでは、ワーク・ライフ・バランスの構築や研修開催に関する初回相談を無料にて承っております。
お気軽にお申込みください。初回相談のお申込みはこちらのページから承っております。

また、ウェブサイトにはワーク・ライフ・バランスについてより詳しくご紹介しており、弊社での取り組みも掲載しております。こちらも是非ご一読ください。

関連ブログ記事
■ 緊急開催!! 業績拡大を実現し災害に備える人事戦略セミナーのご案内
■ 「業績拡大を実現し、災害に備える人事戦略セミナー」を開催し、無事に終了しました!
■ 「業績拡大を実現し災害に備える人事戦略セミナー」開催報告
■ 「業績拡大を実現し災害に備える人事戦略セミナー」動画  (全7本)

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら