English
Japanese

ワークライフバランス

2013年4月24日 水曜日

「職務内容」「労働時間」「勤務場所」を限定した正社員は可能か?

◆有識者会議による報告書
先日、内閣府の「経済社会構造に関する有識者会議」から、「人材の育成・活用」や「働き方の見直し」に関する提言(報告書)が発表されました。
この会議のメンバーは大学教授を中心に構成されており、「経済社会に関する基本認識、政策、制度、規範等の在り方について、有識者の意見を聴取し、経済財政政策の企画及び立案並びに総合調整に資すること」を目的として、平成23年8月に設置されています。

◆「正規」「非正規」二元的な雇用の打破
今回の報告書では、「経済社会の成長の最大の源泉は、人的資源である」と位置づけ、様々な提言がなされました。
この報告書の中で注目すべきは、「職務内容、労働時間、勤務場所などを限定した正社員」を認めていこうではないか、と提言している点です。
近年は非正規雇用社員の比率が増大し、人的資源の形成・活用に問題が生じてきている状況の中、今後は「雇用の安定化」の仕組みを整備していく必要があるとし、「正規雇用」「非正規雇用」といった二元的な雇用機会だけではなく、より多元的な働き方も提供していくことが望ましいとしています。
そして、「正社員としての雇用の安定性を一定程度確保しつつワークライフバランスが確保できるような、残業なしの働き方や短時間正社員、職種限定正社員など、多元的な無期雇用形態を個人の選択により可能にすること」などが必要だと結論づけています。

◆「職務」「時間」「場所」を限定した働き方
現行では、何らかの理由で「職務内容」、「労働時間」、「勤務場所」を限定して働きたい社員の多くは非正規社員となっているケースが多く、「限定的に働きたい」という人が正社員として働くことは難しくなっています。
しかし、これらのニーズに社会全体で応えていくことにより、多様な人材が安定的に働くことができるようになり、結果として企業に利益をもたらすことが、理想的な雇用のあり方と言えるのではないでしょうか。

◆マーシャルにお任せください
安倍内閣が先日、女性の活用を打ち出しましたね。
今回の職務内容、労働時間、勤務場所を限定した正社員はその一環なのです。

もともと正社員とは何かという明確な定義は法律上定められていません。
ということは、必ずしも「フルタイム」「勤務先は会社から指定されればどこでも」という社員だけが正社員である必要はないのです。

その会社の状況、例えば経営活動の主体となる業務や、売上を最大にするための営業時間をどう設定するか。また仕事と家庭のバランスを考え、家庭責任を果たしながら仕事の生産性を最大限引き出せる働き方として、設定すればよいということになります。


こうした短時間正社員制度、マーシャルではいち早く導入しております。弊社では短時間社員在宅社員と様々な働き方をしている社員がおり、それぞれの社員が今の生活環境に見合った働き方をすることで最大限の力を発揮する事ができ、マーシャルの業務に日々携わっております。


短時間勤務制度は、ワーク・ライフ・バランスの推進においてもっとも効果を発揮することのできる取り組みの一つです。世代や性別、個人によっても求める充実感が異なりますが、その時々によって最高のパフォーマンスをあげてもらうように会社が制度を用意し、運用しやすい環境を作ることが真のワーク・ライフ・バランスです。

育児や介護、うつ病など精神的な疾患の治療、あるいは仕事のための勉強をしたいが残業が多くてそんな時間が全く取れない、といった相談を社員から受けることがあると思います。正社員はフルタイムでなくてはならない、という枠を取り払い、会社独自の自由な制度を取り入れてみませんか?マーシャルがお手伝いします。

・子育て世代へのサポート
・介護が必要な世代への理解
・仕事に意欲をしめしている世代へのスキルアップ支援等のバックアップ 等
どのような支援を行うかは会社によって異なりますが、御社独自のユニークなワーク・ライフ・バランス制度を私たちとともに考え、次なる会社の発展をめざしましょう。

株式会社マーシャル・コンサルティングは、ワークライフバランス制度の構築を承っております。
ワーク・ライフ・バランスの構築に関わる初回ご相談は無料で承っております(1時間程度)。
お困りの事がございましたら、お気軽に無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

ウェブサイトではワーク・ライフ・バランスに関する詳細マーシャルでの取り組みを載せております。是非ご一読ください。

また、やる気を引き出すには、労働時間のしくみを変えることが有効です。「組織を活性化させる・社員がやる気になる人事制度」「社員が安心する就業規則」のページも併せて是非ご一読ください。


関連ブログ記事
■ 出産後も働く女性が増えています
 
■ どうする?長期休み中の子どもから仕事中に着信あり~コラム掲載

■ 「仕事」と「介護」を両立する社員が増加する時代へ

■ 「テレワーク」導入で企業にも従業員にもメリット

■ 40代...育児と介護が重なってしまったら



投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら