English
Japanese

労働問題

2013年7月11日 木曜日

自宅に戻り通勤災害か? ~会議用資料忘れて帰宅

Q.従業員が、会議用に作成した資料を自宅に置き忘れたまま、
  出勤してきました。上司に一喝され、自宅に戻りましたが、
  慌てたため、路上で自転車と接触しそうになったという
  話です。衝突でケガをしたと仮定して、通勤災害として
  申請すれば、認められるのでしょうか。

A.指示命令があり、業務とみなす

  通勤の定義は労災保険法7条にありますが、その基本パターン
  が「住居と就業の場所との間の往復」です。ですから、1回
  の勤務について往路と復路を1回ずつたどるのが一般的です。

  ただし、「通勤は1日について1回しか認められないものでは
  ないので、昼休み等に帰宅する場合も、その往復行為は就業
  行為との関連性を認められる」と解されています。

  質問のケースも自宅にいったん戻る形となりますが、個人の
  都合で帰宅したわけではありません。上司にいわれ、業務と
  関連のある書類を取りに行ったのですから、業務上の行為と
  みなすべきです。例えば、顧客の会社等に書類を忘れた
  ケースと同様です。

  また、この場合は交通災害ですから、通常の労災給付請求に
  合わせ、第三者行為災害届も提出します。

◆人事労務顧問をご利用ください
問題が起こった際、労務について相談できる人がいないために、誤った対応をしてしまい
大きなトラブルに発展する危険性があります。
また、問題を解決するための方法を探して多大な時間を費やしたために
本来の業務が滞り業務遅滞や多額の残業代が発生する恐れもあります。
会社経営者様や人事のご担当者様が、実際のアクションを起こす前にご相談いただくことで、
ベターソリューションを得られ、安心して問題解決に当たっていただけます。
行動を起こす前にまずはご相談ください。
※ 本社やアジアの統括部門の人事責任者からのお問い合わせも英語で対応致します。

.
◆マーシャルでの顧問契約の内容
下記のようなご相談をメールや電話で承っております。またご希望により2か月に一度訪問致します。
社外取締役としてもご活用いただけます。
 ・ 労働契約のご相談
 ・ 時間外労働手当の支払をめぐるご相談
 ・ 労働時間、休日、休暇をめぐる問題
 ・ 解雇、退職をめぐる問題  他

◆ご相談例
従業員の問題
■ 職場におけるセクシャル・ハラスメントへの対応
■ 勤務時間中はだらだら仕事をして夜遅くまで残業している社員への対応
■ 管理職の職責が果たせず、部下の管理が十分にできない場合の対応
■ 親族に要介護者がいる場合の勤務時間短縮等の在り方
■ 遅刻・欠勤・早退が多い社員
■ 夫の希望で休日出勤を行わない販売スタッフへの指導法
■ 部課長職で、本社との時差を理由に必要性のない深夜残業を行う社員への対処

IT関連の問題社員
■ インターネットを使って会社や上司・同僚を中傷する社員
■ 会社のパソコンでサイドビジネスを行っている社員
■ 会社のパソコンを使って私用メールやゲームをする社員

モラルが欠如している社員
■ 仕事の時間・期日を遵守できない社員
■ 職場内で不平・不満を言う社員
■ 管理職としての適性・能力が欠如している社員

労働契約や退職に関する問題
■ 企業がおこなわなければならない熱中症対策は?
■ 今まで何度も契約を更新してきた契約社員の契約を今回限りで終了できるか
■ 営業秘密を売却している社員と懲戒処分の可否
■ 退職後の営業秘密保持への対応策
■ 研修を受けた直後に退職する社員から研修費用を返還してもらえるか
■ 破産宣告を受けた社員への対処法

人事労務顧問に関するご相談を初回無料にて承っております。無料相談はこちらのページより、お気軽にお申込みください。
またウェブサイトには労務顧問に関する詳細を掲載しております。ぜひご一読ください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら