English
Japanese

人事労務管理

2013年9月30日 月曜日

アルバイトの非行増加! 万が一に備えて就業規則をチェック

◆飲食店や小売店で被害が続出
コンビニのアルバイト店員がアイス用の冷凍庫の中に入っているところを写真に撮ってSNSに掲載した事件を皮切りに、最近、飲食店や小売店で類似の事件が相次いで起こっています。
中には事件をきっかけに閉店することとなった店舗もあることから、経営者がこの問題を軽く考えてアルバイトに対する教育や労務管理をおざなりにすることは、経営の存続をも危うくする大きなリスクをはらんでいると言うことができます。

◆被害を未然に防止するには?
こうした非行を未然に防止するためには、就業時間中は業務に集中することとして携帯電話(スマホ)の操作やSNS等へのアクセスを禁じたり、休憩時間中や就業時間外であっても勤務先の不利益につながるような行為は厳に慎むべきことを教育したりする必要があります。
さらに、これらのことを職場におけるルールとして徹底するとともに、就業規則や店舗に備付けの業務マニュアル等にも明記しておく必要があるでしょう。

◆万が一に備えて就業規則等を確認
就業規則は、労働基準法により常時10人以上の労働者を使用する使用者に作成が義務付けられているものですが、正社員用の就業規則だけでアルバイト用のものは作成されていなかったり、アルバイト用の就業規則はあるが規定内容に不備があったりするケースもあります。
また、使用する労働者数が10人未満であることを理由として、そもそも就業規則が作成されていないこともあります。
就業規則が作成されていない、または規定内容に不備があるという場合、万が一従業員に非行があってもそれを事由とする懲戒処分に付したり懲戒解雇にしたりすることができなくなるおそれがあります。
こうした問題を抱える会社では、自社の就業規則をチェックし、作成の仕方や見直しの要否等について検討してみると良いでしょう。

◆マーシャルにお任せください
マーシャルでは人事労務顧問契約を承っております。今回のこうした騒動等、世の中の情勢と照らし合わせて、即座に就業規則の修正や情報漏えい研修の開催をご提示できるのも人事労務顧問制度ならではです。
もちろん、就業規則の作成・修正や情報漏えい研修もマーシャルで一手にお引き受けいたします(別途、料金が発生します)。
日ごろから御社とやりとりする事によって、御社に必要な研修や就業規則の変更箇所がすぐに分かるのも、顧問制度のメリットです。
問題が起こってから解決方法を探し、さてどこに依頼すれば良いのか・・・と悩んでいるうちに時間が過ぎ、いざ依頼先が
決まって1から事情を説明して・・・という事態に陥る前に、是非顧問契約をご検討ください。

マーシャルでは人事労務顧問、就業規則の作成・修正、情報漏えい研修のご相談を初回無料にて承っております。無料ですので、お気軽にお申込みください。
またウェブサイトにて人事労務顧問就業規則の作成・修正情報漏えい研修について詳細を載せておりますので、是非ご一読ください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら