English
Japanese

ビジネス最前線

2014年2月17日 月曜日

「OJT」を効果的にすすめるために...「OJTトレーナー」に伝えておきたいこと

◆OJTトレーナーへのフォローも必要
新卒採用を行った企業では、4月の新入社員入社に向け、様々な準備が始まっているのではないでしょうか。
新入社員をはじめとする若手社員への教育をOJTで行うことが一般化していますが、その際、若手・中堅社員をOJTトレーナーとしてつける企業が多いようです。
しかし、いざ後輩の育成・指導を任されたときに、「どうしたらよいのだろうか...」と途方に暮れてしまう人も少なくなく、職場には、OJTトレーナーに対するフォローも求められます。

◆OJTトレーナーに伝えておきたいこと
OJTトレーナーの役割は、担当する新入社員・若手社員をできるだけ早く一人前に育てること。その役割を果たしてもらうために、OJTトレーナーに対しては、その役割、すべきこと、ノウハウについて、具体的に教えることが必要です。
「何を教えればよいのか」、「どのように指導すればよいのか」、「周囲をどのように巻き込めばよいのか」などについて伝えましょう。

◆過去の事例も参考に
すでにOJTを行ったことがある企業では、過去のOJTトレーナーが不安に感じていたこと、その対応方法、逆に、OJTトレーニーが嬉しかったこと、指導されて役に立ったこと等を吸い上げ、伝えると参考になるようです。
皆さんの会社でもOJTを効果的にすすめるために、いろいろと工夫してみてください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら