English
Japanese

労働問題

2014年2月14日 金曜日

ドイツと日本における休暇の取り扱い

ドイツは、世界最大の休暇先進国といわれています。

ドイツでは労 働者の権利として年休のすべてを取得するのが社会通念になっていますが、一方、日本における年次有給休暇の取得状況(平成18 年度)を見ると、1 年間に企業が付与した年次有給休暇日数は17.7 日であり、そのうち労働者が取得した日数は8.3 日、取得率は46.6%でした。日本では有給休暇は2年間の時効があるため、その年に取得できなかった年休をそ のまま翌年に繰り越しますが、2年を経過した未消化の年休は結果として権利を放棄すること になります。

このようなドイツと日本の法律の相違、特に有給休暇の消滅時期により、本社と外資系企業の日本支社でト ラブルになる場合があります。


ドイツで は使用者が労働者の希望を配慮した上で取得時期を決定します (Article 7.1 of the Federal Vacation Law)。つまり休暇の取得時期は使用者に決定権があることに なります。(ただし従業員代表がある場合には, 代表と同 意の上で定めるとされています)。

日本では、使用者は, 労働者の請求する時季に与えなければならないと定められています(Article 39 of the Labor Standards Law)。そのため社員が有給休暇を取得したいときは上司に申し出て取得するという制度 になっています。


ま た日本では有給休暇の請求権は2年間有効と定められています。もしこの規定に 反して日本の就業規則に「年休は翌年3月末に消滅する」旨をドイツ本社規程に沿って 定めたとしても、労働基準法115条に定める2年間の請求権が有効になります。その理由は、 労働基準法13条に「法律に定める基準に達しない労働条件を 定める労働契約はその部分について無効とする。この場合において、無効となった部分はこの法律で定める基準による。」と定められてい るからです。


以上の観点 から日本の労働基準法に準拠した労働契約や就業規則を定めることが企業にとって必要不可欠となります。


株式会社マーシャル・コンサルティングでは本社のルールブックに日本の法律を照らし合わせ、日本法人独自の規則作りのお手伝いをいたします。
もちろん英語表記、日本語表記、どちらも作成が可能です。

弊社では、就業規則作成・見直しにかかわるご相談を初回無料にて承っております。お困りの事がございましたらお気軽にこちらからお申込みください。ウェブサイトにて英文就業規則の国際化対策について詳細を載せています。是非ご一読ください。

こちらの記事は英語版もご用意しております。是非、参考になさってください。
■ Treatment of Annual Paid Vacation in Germany and Japan

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら