English
Japanese

ビジネス最前線

2014年2月19日 水曜日

4月から始まる「産休期間中の社会保険料免除制度」

◆4月から制度スタート
仕事と子育ての両立支援を図るため、産前産後休業(原則、産前42日・産後56日)を取得した場合、育児休業の場合と同様に社会保険料の免除が受けられるようになります(被保険者分および事業主分)。
この制度の対象者は、今年4月30日以降に産前産後休業が終了となる方で、4月分以降の保険料から免除の対象となりますので、社内で周知しておくことが必要でしょう。

◆書類の提出時期・提出先
事業主による届出書類の提出時期は「被保険者から申出を受けた時」、提出先は「事業所の所在地を管轄する年金事務所」とされています。
今後公表される「健康保険・厚生年金保険 産前産後休業取得者申出書」を、「窓口への持参」「郵送」「電子申請」のうちいずれかの方法で提出します。
なお、添付書類は特に必要ないとのことです。

◆標準報酬の改定
産前産後休業終了後に報酬が下がった場合、産前産後休業終了後の3カ月間の報酬額を基にして、新しい標準報酬月額を決定し、その翌月から標準報酬が改定されます。
この場合、会社が「産前産後休業終了時報酬月額変更届」を提出しなければなりませんが、産前産後休業を終了した日の翌日から引き続き育児休業を開始した場合には提出することができません。

◆その他の留意点
被保険者が産前産後休業期間を変更したとき、または産前産後休業終了予定日の前日までに産前産後休業を終了したときは、事業主は速やかに「産前産後休業取得者変更(終了)届」を提出する必要があります。
育児休業期間中の保険料免除期間と産前産後休業期間中の保険料免除期間が重複する場合は、産前産後休業期間中の保険料免除が優先されます。

◆顧問制度をご利用ください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、顧問制度のご利用をお勧めしております。顧問契約とは、社会保険労務士に業務を委託する場合の契約形態のひとつです。
具体的には、毎月一定の顧問料で、労働保険・社会保険手続をはじめ、労務管理の相談相談や情報提供等を含めて包括的に契約する方法です。
一方、スポット契約とは、その都度、業務の委託を契約する方法です。

◆顧問契約のメリットとは
 ・手続業務だけでなく、労務管理の相談もできる。
 ・継続的な関係構築ができ、貴社の人事労務情報を正確把握し、スピーディな対応ができる。
 ・スポットでその都度依頼するよりも料金が割安である。
 ・いつでも相談できる安心感がある。
 ・最新の法律改正などの情報を得られる。
 ・人事労務のしくみや助成金などの提案が受けられる。

弊社では顧問契約に関するご相談、社会保険業務のアウトソーシングに関するご相談を初回無料にて承っております。無料ですので、お気軽にお申込みください。
ウェブサイトにて顧問契約に関する詳細やこれまでのご相談例を掲載しております。是非ご一読ください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら