English
Japanese

全記事表示

2014年2月24日 月曜日

企業の「人材育成」に関する課題とは?

◆上場・未上場の124社が回答
近年、企業規模の大小を問わず「人材育成」を課題としている企業が多いようです。
株式会社トランストラクチャでは、昨年10月に「人材育成計画の策定や課題」に関する調査を実施し、その結果が発表されています。
調査の回答者は、上場および未上場の企業(計124社)の人材育成担当者でした。

◆研修を強化する方針の企業が多数
まず、「人事部門として、今後、教育研修を強化していく予定かどうか」について尋ねたところ、約58%の企業が「強化していく予定」と回答し、「縮小していく予定(または実施しない)」と回答したのはわずか4%でした。
また、「教育研修実施において外部のコンサル・研修会社を活用しているかどうか」については、約66%の企業が「活用している」と回答しています。
しかし、大企業(1,001名以上)の約80%が外部機関を活用しているのに対して、中小企業(300名以下)では47%でした。外部講師の活用はおのずと割高となりますので、中小企業では社内講師等で対応することが多いようです。

◆研修内容についての課題
「現在実施されている教育研修は人材育成課題を反映した内容になっているかどうか」については、「反映した内容になっている」と回答した企業は約48%で、「一部ズレが生じている」が約45%、「大きくズレが生じている」が約6%でした。
このように「ズレ」を認識した場合、いかに研修内容を修正して適切な研修を実施できるかが重要な課題と言えます。

◆「課長クラス」の育成が重要課題
人材育成について「大きな育成課題があると考えているクラス」については次の通りの結果となりました。
・「入社1~3年」約33%
・「入社4年~10年」約40%
・「入社11年以上(非管理職)」約40%
・「管理職(課長クラス)」約64%
・「管理職(部長クラス)」約30%
・「役員・執行役員以上」約14%
「プレイヤー」としてのパフォーマンスを求められながら、「マネージャー」としての管理・育成能力も要求される課長職に、非常に大きな期待がかかっているようです。

◆時代の変化に合わせた研修を
研修についてお話を伺っていると、「ずいぶん前に作成した研修資料をずっと使い続けている」という企業様が多数いらっしゃる事に気づきます。
セクハラ研修・・・今はセクハラだけでなく、モラハラ、パワハラ、ソーハラと種類も増えています。また男性から女性へのセクハラだけではなく、女性から男性、また同性間のセクハラも問題になっています。
情報漏えい研修・・・お酒の席でちょっとしゃべったというものから、不正アクセスやSNSを利用した漏えいなど情報が漏れだす原因は多岐に渡ります。

昨年使った資料を見直し、時代の変化に合わせて資料を作成し直し、場合によっては就業規則の変更も考え・・・ちょっと考えただけでも頭が痛くなるような作業ですね。

しかし、研修は社員の為でもあり、会社の為でもあります。
情報漏えいやハラスメントで顧客の信頼を失い、契約が解除されたり、
営業停止となったりすることを防ぐためにも
是非、時代の変化に合わせた研修を何度でも行ってください。

◆マーシャルでは、各種研修を承っております。
最新の事例とともに具体的な言動を可視化することで
やってはいけない事、本人と会社のリスクなど詳しくご説明しております。
研修はマーシャルに是非お任せください。
弊社では各種研修に関するご相談を初回無料にて承っております。ご相談はこちらよりお気軽にお申込みください。

またウェブサイトでは、研修に関する詳細を載せております。ぜひご一読ください。

■ 情報漏えい研修
■ ハラスメント研修
■ ハラスメントとは
■ 新人社員研修「普遍的なものこそ時代に合わせた変化を」 (ブログ記事)
■ 時代の変化に合わせた研修を(ブログ記事)

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら