English
Japanese

労働問題

2014年3月 7日 金曜日

「業務改善助成金」の対象地域が拡大

◆補正予算成立により対象拡大
「業務改善助成金」(中小企業最低賃金引上げ支援対策費補助金)は、事業場内の最も低い時間給を、計画的に800円以上に引き上げる中小企業に対して、賃金引上げに資する業務改善を支援する助成金です。
2013年度補正予算成立後より、対象地域が拡大されました(新たに7府県:埼玉県、千葉県、静岡県、愛知県、三重県、京都府、兵庫県が追加)。
◎対象地域の一覧


◆支給要件・支給額
本助成金の支給を受けるためには、次のような要件が必要です。
[1] 賃金引上げ計画の策定...事業場内で最も低い時間給を4年以内に800円以上に引上げ
[2] 1年当たりの賃金引上げ額は40円以上...就業規則等に規定
[3] 引上げ後の賃金支払実績
[4] 業務改善の内容および就業規則に対する労働者からの意見聴取
[5] 賃金引上げに資する業務改善を行い、費用を支払うこと 等
<支給額>上記[5] の経費の2分の1(上限100万円)
<支給回数>賃金引上げ計画期間中に支給要件を満たした年度に1回支給

◆本助成金の対象経費例
本助成金の対象となる経費等は、次のようなものです。
[1] 就業規則の作成や改定...事業場内で最も低い賃金の引上げ等に伴う規定の作成・改正のための社会保険労務士の手数料
[2] 賃金制度の整備...事業場内で最も低い賃金の引上げに伴う賃金制度の見直しのための賃金コンサルタント経費
[3] 労働能率の増進に資する設備・機器の導入
   (1) 在庫管理、仕入業務の効率改善のためのPOSレジシステムの購入費用
   (2) 作業効率および安全性の向上を目指した工場、店舗等の改装、機器等の購入費用
[4] 労働能率の増進に資する研修...新設備導入に必要な労働者の操作研修の費用

今後、賃金の引上げを検討されている場合には、こうした助成金が活用できるかどうか検討してみてはいかがでしょうか。

◆マーシャルにお任せください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、簡単なアンケートにお答えいただくだけで貴社の受けられる可能性のある助成金を診断いたします。お気軽にこちらをダウンロードし、FAXにてお送りください。

受給申請の手続きは助成金によってさまざまです。不正受給の横行から提出する書類も多く、また労働法に触れる場合などは受理されないなど、「手続きが面倒だ」「どうせもらえないだろう」と考える方が多くいらっしゃいます。
しかし、専門家であるマーシャル・コンサルティングにお任せいただければ安心です。経営者様は必要な書類をそろえていただくだけで、行政機関との折衝や申請書類の作成はマーシャル・コンサルティングで行います。

また、助成金を申請することで自然に労務環境整備が行われるので、貴社にとって損はありません。

弊社では、助成金に関するご相談を初回無料で承っております。お困りの事がございましたらこちらよりお申込みください。
またウェブサイトにて『平成25年度雇用関係助成金ラインアップ』を掲載しております。是非ご参考になさってください。



投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら