English
Japanese

ビジネス最前線

2014年4月16日 水曜日

「育たない若手」問題をどのように解決するか?

◆「若手社員の育成」に悩む企業は多い
団塊の世代の大量離職等により、「若手社員の早期育成」を課題に掲げる企業が多くありますが、思うように育たずに悩んでいる企業も多くあります。
では、若手社員の育成はどのように行えばよいのでしょうか。

◆「段階的な育成」を心掛ける
新入社員の段階では、仕事の知識や業務の手順を教えるだけでなく、組織人としてのマナーを身に付けさせたり、組織や職場に慣れさせたりすることで、まず、社会人としての基礎を固めることが必要とされます。
次に、入社2~3年の社員では、与えられた仕事を着実に遂行できるだけでなく、自ら気づき、自分なりの工夫をすることができるよう、経験の場を与え、結果を振り返ることでさらなる成長を促す機会を設けることが必要となります。
入社4年以降の社員については、将来マネージャーとして職場を管理する役割を担う人材に育てることも視野に、仕事をある程度任せながら必要に応じて指示を与えたりフォローしたりして、活躍の場を徐々に広げていくことが必要となります。

◆欠かせないフィードバック
このように、一口に「若手社員」と言っても、新入社員と数年の経験を積んだ社員とでは求められる役割が異なることから、どのようなアプローチによって育成を図るかという手段は異なります。
しかしながら、いずれの段階においても、経験から得た知識を生かしてステップアップしていく流れは変わりませんので、その都度経験を振り返ることが重要となります。
その際、より効果的なのは、若手社員1人に振り返らせたり考えさせたりする方法よりも、先輩社員や上司が成功(または失敗)の理由を問いかけ、若手社員に考えさせることでフィードバックする方法です。
先輩社員や上司にとっても、自分の仕事のやり方を見直す良いきっかけともなりますので、積極的に取り組んでみてはいかがでしょうか。

マーシャルのサイトでは、能力・適正に欠ける社員の対処法の詳細を載せております。是非そちらもご一読ください。

また、弊社では「問題社員の対応セミナー」も承っております。
このセミナーでは、
 1)問題が起こる前にどのような対応策を講じていったら 良いのか
 2)会社運営において弁護士と併用しながら社労士を最も効率的に利用していく場面
この2点を質及びコストの面からケーススタディを交えながらご説明いたします。

業績が思うように上がらない不安定な状況下で問題のある社員に対してどのように対応していくか?
またそのような社員の雇用契約を問題を回避しながら終結させることができるのか
下記の5つのケーススタディを使用してご説明します。
詳細は、こちらのページを参考になさってください。

関連ブログ記事
 企業の「人材育成」に関する課題とは?
 新人社員研修「普遍的なものこそ時代に合わせた変化を」 
 時代の変化に合わせた研修を

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら