English
Japanese

人事労務管理

2014年5月26日 月曜日

4月以降の労働・社会保険事務で留意すべき改正点

◆労働保険関係
育児休業給付の支給率(休業前の賃金に対する給付割合)が、休業開始後6カ月の間は、50%から67%に引き上げられます。
また、教育訓練給付金が拡充され、厚生労働省の指定講座を受ける場合の支給額が受講費用の2割から4割に引き上げられ、資格取得等のうえで就職に結びついた場合はさらに受講費用の2割を追加支給します。
また、再就職後6カ月以上職場に定着することを条件に、離職前の賃金よりも再就職後の賃金が下がった場合には、再就職手当の他に就業促進定着手当(上限あり)が支給されます。
この他、特定理由離職者等の失業等給付の給付日数に関する暫定措置が、3年間延長されました。

◆年金保険・企業年金関係
2014年度の国民年金保険料は15,250円です。
また、2014年度の年金額は、0.7%引き下げられて64,400円となり、4月分の年金が支給される6月から変わります。
さらに、4月1日以降に妻が死亡した父子家庭にも遺族基礎年金が支給されることとなった他、産休期間中の保険料免除制度が4月からスタートし、この対象となるのは4月30日以後に産休が終了する被保険者です。
この他、厚生年金基金制度の原則10年後廃止を定めた、いわゆる「厚生年金基金見直し法」が4月1日より施行されています。

◆医療保険関係
3月末までに70歳に達している方を除いて、70~74歳の方の医療費の窓口負担が本来の2割負担となりますが、高額療養費の自己負担限度額については据え置かれることとなります。
また、後期高齢者医療の保険料率が改定され、2014年度から2015年度の保険料額は全国平均で月額5,668円(見込)となります。

◆介護保険関係
第2号被保険者が負担する介護保険料が月額平均5,273円(見込)となりますが、実際の保険料額は被保険者の加入する健康保険の種類によって異なります。

◆人事部門はマーシャルにおまかせください
マーシャルでは労働・社会保険事務に関する各種業務の委託を承っております。
 ・入社等における社会保険の手続き
 ・変更時の社会保険手続き
 ・退社時における社会保険の手続き
 ・従業員からの質問対応・面談人事

アウトソーシングのメリット
 1.給与計算や社会保険手続きややり取りから解放され本業に集中できます。
 2.社内の人間関係を損ねることがありません(個人情報が漏れません)
 3.迅速・正確に計算を行い人件費の削減ができます。
 4.頻繁な法律改正があっても安心です。
 5.人事労務に関する専門的な知識でバックアップできます。
 6.動向をデータとして提示することや貴社の問題点をともに解決します。

人事という仕事は、諸手当の金額を計算したり、人事異動の事務処理を行ったりするだけでなく、本来は、もっと一人ひとりの社員と直接対話しながら、社員が働きやすい環境を整えることこそが重要な仕事であるはずです。

人事の担当者は、今までは定型業務をこなすのに忙しく、自分が本来行うべき業務を自ら考える余裕はなかったかもしれません。マーシャル・コンサルティングの人事部門アウトソーシングサービスは社会保険労務士に定型業務を委託することで、社員が本来行うべき業務を自ら検討する機会にもなるのです。人事部門のアウトソーシングは是非マーシャルにお任せください。
弊社では、人事部門アウトソーシングに関するご相談を初回無料にて承っております。お気軽にお申込みください。
またウェブサイトにて「人事部門アウトソーシング」「人事労務顧問」について詳細を掲載しております。是非ご一読ください。

関連ブログ記事
■ 社会保険労務士100%活用術 ~外資系企業にも社労士を!



投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら