English
Japanese

バイリンガル社労士 上岡のブログ

2014年6月19日 木曜日

佐川、配送に主婦1万人 自宅周辺、軽量の荷物

物流業界ではドライバー不足が顕著で、輸送能力の増強に向けた要員確保が課題となっていますが、このたび佐川急便が宅配サービスの配送要員として今後2年間で1万人の主婦パートを採用するそうです。30個程度の少量の荷物を自宅周辺で届けてもらい、インターネット通販の拡大で伸びる取り扱い個数に対し、正社員の「セールスドライバー」を中心にしている輸送力を補完するとのこと。長距離は配送ドライバーが担当し、近距離は近隣の住民が担当し、配送網をより細かく分業して、働き方を工夫することで主婦層を戦力に取り込もうというものです。

セールスドライバーが自宅などに届ける荷物を家事や子育ての空いた時間に1日あたり30個程度配るそうです。配送エリアは住宅密集地で自宅から半径1~3キロ。配送エリアを特定する際には高層マンション群や集合団地などを考慮し、自宅の近所は外すといった対応もしてくれるそうです。自宅の近所に配送するのは、配送する側も受け取る側もなんだか気恥ずかしいもの。そのあたりの気遣いは嬉しいですね。

2014年度にまず5千人を採用し、2年で1万人に。佐川急便はセールスドライバー中心に約3万8千人の配送要員を抱えており、新たに加わる主婦パートは全体の2割超の規模になるそうです。お中元やお歳暮のシーズンなど繁忙期には応援要員としても期待されています。

給与は原則、配送個数に応じて支給し、平日の5日間すべて働いた場合は月額5万~8万円になるといいます。

採用後に研修を実施し、制服や台車などの資材設備を提供してくれるそうです。働き始めたばかりのころは仕事に着て行く洋服に困ったりしますが、制服の提供があるのは助かりますね。かさばらず軽量な荷物を対象に配送するため、徒歩か、自転車を使って配送するので環境にも優しいですね。

佐川急便の宅配便の取り扱い個数は10年で3割増えて14年度は12億3千万個になる見込みで、ネット通販での利用増加が見込まれています。

このケースは、担当すべき職務を社内で上手に分担し、社員の働き方の特性に応じて人的なリソースを活用していると思います。
長距離の部分は配送ドライバー、近距離は自転車や徒歩で配送できる範囲に居住する短時間の社員、と分担することで正社員が本来担当すべきコアの業務に特化することができます。
また、育児や介護、その他の事情で短い時間でも自分の能力を活かして働きたい層の希望をうまく叶えていると言えると思います。

このように多様化した社員をどのように組み合わせて組織の力を最大化していくか、これからの組織にはそうした工夫やアイディアが求められるのではないでしょうか?

マーシャル・コンサルティングでは、効率的・効果的な仕事をするために、誰が何の仕事を分担すべきか、各自の仕事の仕方の見直しやそれぞれの部門での話し合い、Plan-Do-Check-Actionの積み重ねをとおして「こんな職場にしたい」と明確に自分たちで思う(自主性が芽生える)まで考えて行動し、改善活動を楽しめるように支援いたします。

残業時間の削減や短時間勤務制度の導入には、業務改善が不可欠です。ぜひ一度ご相談ください。弊社では、各ご相談を初回無料にて承っております。お気軽にお申し込みください。

(資料出所:日本経済新聞 2014年6月19日朝刊)




投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら