English
Japanese

ワークライフバランス

2014年6月26日 木曜日

理想と現実には大きな差が!若手社員の残業の実態

◆若手社員の残業時間は?
いわゆる「ブラック企業」が世間を賑わせている昨今、多くの企業が長時間労働に対して何らかの対策を講じなければならないと感じていることと思います。
レジェンダコーポレーション株式会社が入社4年目までの社員に行った「残業に対する意識・実態調査」の結果によると、若手社員の実際の月間残業時間数は平均約36時間だったことがわかりました。
実際の月間残業時間がどのくらいかを聞いたところ、「1~20時間」が28.4%、「21~40時間」が28.0%となり、残業時間が「40時間」未満という回答が約半数を占めました。
また、男女別に見ると、女性では「1~20時間」(41.0%)、男性では、「21~40時間」(30.4%)が最も割合が高い結果となりました。

◆理想的な残業時間は?
次に、理想的な月間残業時間について聞いたところ平均約24時間となり、実際の残業時間との差が平均約12時間あることがわかりました。
男女とも「40時間以下」を希望する割合が高く、男性は87.4%、女性は95.4%でした。

◆ワーク・ライフ・バランスがとれていない残業時間は?
「ワーク・ライフ・バランスがとれているか」という質問に対しては、実際の月間残業時間数が「41~60時間」と回答した層の約45%がとれていないと感じていました。

◆残業理由の1位は?
残業をする理由について尋ねたところ、「自身に任される仕事が多い」(61.6%)という回答が男女ともにトップで、「残業時間帯に会議や準備等をしないと仕事が進まない」(31.2%)、「仕事の難易度が高い」(25.1%)が続いています。
その他、「社内の雰囲気だから」や「賃金を少しでも増やしたいから」といった回答もありました。

◆ワーク・ライフ・バランス制度の構築を
ワーク・ライフ・バランスを制度や福利厚生を提供するだけの表面的な対応で行っている企業も少なくありません。
世代や性別、個人によっても求める充実感が異なりますが、その時々によって最高のパフォーマンスをあげてもらうように会社が制度を用意し、運用しやすい環境を作ることが真のワーク・ライフ・バランスです。

厚生労働省 では両立支援を奨めている一方で、日本では過重労働により過労自死という問題が後を絶ちません。どんな職場であっても、健康を損ねる ような働き方をしていい職場などありません。ライフは「命」でもあります。ワークライフバランスは仕事と家庭だけでなく、今の日本で は仕事と「命」のバランスでもあるのです。


日本では休養を強制する法律がありません。例えばドイツの場合は使用者が従業員に有給休暇を取得させる義務がありますが、日本の場合は従業員が請求したらその時季に取得させなければならないとしています。つまり休暇という休養を強制する 法律がないのです。
企業間競争がよりグローバルになる中、労働環境についても今後は休暇の消化、残業の削減といった取り組みがより重要になるのではないでしょ うか?

子育て世代へのサポート、介護が必要な世代への理解、仕事に意欲をしめしている世代へのスキルアップ支援等のバックアップ、どのような支援を行うかは会社によってことなりますが、御社独自のユニークなワーク・ライフ・バランス制度を私たちとともに考え、次なる会社の発展をめざしましょう。

株式会社マーシャル・コンサルティングではワーク・ライフ・バランス制度の構築に関するご相談を初回無料にて承っております。お気軽にお申込みください。また、マーシャルでの取り組みをご紹介しております。是非ご一読ください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら