English
Japanese

ビジネス最前線

2014年9月22日 月曜日

意外な盲点? 職場で気をつけたい同性間のセクハラ問題

◆指針改正により同性間の行為もセクハラの対象に
セクハラ行為の禁止は、男女雇用機会均等法(以下、「均等法」という)の1997年改正で関連規定が設けられました。その後、改正によりセクハラ対策の強化や男女差別の範囲の見直しなどが図られていますが、今年7月1日より施行規則と指針が改正されました。
改正項目は多岐にわたりますが、企業においてトラブルに発展するケースが多いセクハラについて、新たに同性間の行為が対象に含まれることとなりました。
以下、この「同性間のセクハラ行為」について、例を挙げるとともに、企業における対策について考えてみたいと思います。

◆同性間におけるセクハラの具体例
例えば、いわゆる「女子会」に限らず、男性だけの席でも「恋バナ」や結婚生活が話題になったときに、「最近彼氏(彼女)とどう?」とか「お子さんの予定は?」といった質問を耳にしたことはないでしょうか?
こうした質問は、いかにも性的な言動や要求ではないことからセクハラに当たると認識していない方もいらっしゃると思いますが、言われた本人が不快に感じれば「セクハラを受けた」としてトラブルになりかねないリスクを孕んでいます。
さらに、男性にありがちなケースとして、何人かで風俗店へ行こうとなったときに行きたがらない人も強引に誘うことが同性間のセクハラに当たると、指摘されています。

◆企業がとるべき対策は?
均等法で「性別を理由とする差別」や「セクハラ行為」等が禁止されていることは、すでに多くの方が認識されていることでしょう。
しかしながら、改正等により新たに禁止の対象とされたことについては、個々の従業員が自ら把握することは難しく、研修等の場で具体例を示されて初めて理解することのほうが多いのではないでしょうか。
企業においては、一旦トラブルが発生すれば当事者間の問題にとどまらず使用者責任を問われかねないリスクがあることを踏まえ、トラブルの未然防止の観点からも、関連規定の見直しや社内研修、万が一トラブルが発生した場合の相談体制のチェック等を実施しておくべきでしょう。

◆ハラスメント研修はマーシャルにお任せください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、ハラスメント研修を承っております。この研修では、
・ハラスメント問題が起きた場合の会社と社員のリスクについて、
 法的なリスクと企業存続に関わるリスクの両面からご説明し、
 ハラスメントに該当する言動についてお話いたします。
・社員が加害者または被害者にならないために気を付ける言動と、
 会社として管理者としての責任と対応や
 相談窓口担当者が注意すべきことをお話しし、グループディスカッションの時間をとります。
ハラスメント問題が起きた場合の会社と社員のリスクは何か?どんな言動がハラスメントに該当するか?詳しくご説明いたします。ハラスメント研修に関するご相談を初回無料にて承っておりますので、是非お気軽にお申込みください。
また、弊社ウェブサイトにて、
・ハラスメントとはどんなものか?
・モラハラとパワハラの違いは?
・労災認定される可能性のあるパワハラ行為の具体例とは?
など、詳細を載せています。参考になさってください。

関連ブログ記事
■ 「パワハラ」が発生する背景・原因を探る
■ 最近増えている「ソーハラ」の実態とセルフチェック
■ セクシュアル・ハラスメント研修を受講された皆様からいただいた感想

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら