English
Japanese

法改正

2014年10月 3日 金曜日

改正安衛法で義務付けられた「ストレスチェック」に関するQ&A

◆84の「Q&A」
先の通常国会で成立した改正法の1つに「改正労働安全衛生法」(6/25公布)がありますが、これに関連して、厚生労働省から「改正労働安全衛生法Q&A集」が公開されました。
改正項目のうち最も影響の大きいものは「ストレスチェック制度の創設」だと言われており、上記「Q&A集」でも84のうちの36(約43%)を占めています。

◆ストレスチェックに関するQ&A
以下では、Q&A(抜粋)をいくつか見てみましょう。

【全ての事業場が対象となるのでしょうか?】
 →ストレスチェックの実施が義務とされるのは、従業員数 50 人以上の
  事業場とされており、50 人未満の事業場については、当分の間、
  実施が努力義務とされています。
【全ての労働者が対象となるのでしょうか?】
 →ストレスチェックの対象労働者は、一般健康診断の対象労働者と同じく、
  常時使用する労働者とする予定です。なお、派遣労働者については、
  派遣元事業主において実施していただくことになります。
【どれくらいの頻度で実施すれば良いのでしょうか?】
 →今後、労使や専門家のご意見を聴きつつ省令で定めていくことにしていますが、
  健康診断と同様に、1年以内ごとに1回以上実施していただくことを想定しています。
【健康診断のように、実施を外部機関に委託しても問題ありませんか?】
 →問題ありません。
  委託により実施する際には、ストレチェックの結果を実施者から直接労働者に
  通知する必要があり、労働者の同意なく事業者に通知してはならないことなどの点に注意してください。
【ストレスチェックは面談形式で行うものですか?】
 →労働者の心理的な負担の程度を把握するため、労働者自身が該当する項目を
  選択するチェックシート方式で行う検査です。面談形式に限ることは想定していません。
【健康診断のように、ストレチェックを実施した旨の報告を監督署に行う必要があるのでしょか?】
 →ストレチェックの 実施状況を把握するため、事業者には、労働基準監督署に
  その実施状況について報告していただく仕組みを設けること考えています。

◆施行予定は来年12月?
今後は、平成27年2月~3月頃に省令・指針等が策定され、平成27年12月までに改正法(ストレスチェックの部分)が施行される予定です。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら