English
Japanese

ビジネス最前線

2014年11月17日 月曜日

「イクメン企業アワード」選出企業の特徴的な取組み

◆2014年の受賞企業が決定
厚生労働省は、男性の仕事と育児の両立を応援する「イクメンプロジェクト」の一環として、模範となる企業や個人を表彰する「イクメン企業アワード2014」と、今回初めてとなる「イクボスアワード2014」の受賞企業などを決定しました。
「イクメン企業アワード」は、男性労働者の育児参加を積極的に促進しつつ、業務改善を図る企業を表彰するもので、2回目となる今回は、グランプリにアース・クリエイト有限会社、特別奨励賞に6社を選定しました。

◆グランプリ企業の取組み
アース・クリエイト有限会社がグランプリに輝いた理由には、従業員や家族の気持ちを十分に汲み取り、働きやすい環境を整備し、持続性の高い会社運営を目指す経営姿勢や、小規模事業所でかつ男性従業員が多い建設業でありながら、これまでに延べ8名の男性従業員が育児休業を取得した実績が挙げられています。
特徴的な取組みとしては、次のものがありました。
・毎月、営業本部長が個人目標を基に個人面談を行い、業務管理をしながら、
  同時に家族状況等も把握し、必要に応じた休暇の取得等を促進しているほか、
 営業本部長から従業員宛文書による休暇の周知も随時実施。
・配偶者出産時の特別休暇制度(2週間)や
 始業時刻の繰上げ・繰下げ制度等、制度の充実。
・会社全体で休業者をフォローしあう意識が醸成されたことから作業効率が
 向上し、時間外労働が大幅に減少
 (平成19 年度:年平均300 時間→平成25年度:年平均換算110 時間)すると
 ともに、年休取得率は大幅に伸長(平成19年度:20%→平成25年度:85%)

◆特別奨励賞に輝いた企業の取組み
特別奨励賞に輝いた6社の中で、特徴的な取組みとしては次のようなものがありました。
・男性の育児休業取得キャンペーンによる、全社の育児休業取得対象者への
 アピール(上司を経由した対象者への周知)等により、
 男性の育児休業取得者が大幅に増加(5年間で34人)。
・業務効率化の取組みと併せて「時間」に関する意識改革を実行。
 全職員に対し、毎日遅くとも20時までの退館を推進するとともに、
 休暇等の取得も推進し、取得率が大幅に上昇
 (4年で30人以上、最長取得日数77日)。
・デスク上に退勤予定時間を表示する札を設置することにより、
 早く帰りやすい雰囲気を醸成するとともに、
 勤務時間の短縮を支店の業績評価へ反映。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは、働きやすい環境作りのお手伝いをいたします。
『仕事』は暮らしを支え生きがいや喜びをもたらすものですが、同時に、趣味や家事・育児をはじめとする『生活』も暮らしに欠くことができないものです。『仕事』と『生活』、その2つの充実があってこそ、人生の生きがい・喜びは倍増します。

世代や性別、個人によっても求める充実感が異なりますが、その時々によって最高のパフォーマンスをあげてもらうように会社が働きやすい制度を用意し、運用しやすい環境を作ることが真のワーク・ライフ・バランスです。
ワーク・ライフ・バランスの構築は是非マーシャルにお任せください。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは、ワーク・ライフ・バランスに関するご相談を初回無料にて承っております。
お気軽にこちらよりお申込みください。

関連ページ
■ ワーク・ライフ・バランスとは
■ ワーク・ライフ・バランス ~マーシャルでの取り組み~

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら