English
Japanese

人事労務管理

2014年12月 1日 月曜日

カンブリア宮殿を見て ~WLBとBCP~

先日、カンブリア宮殿というテレビ番組を見ていたら、Yahoo! の日本法人の宮坂学社長が出演されていました。

検索コラムの太線を少し太くするだけで2%クリック率があがり、売り上げが2億円アップしたなど興味深い話がたくさんありました。

もともとYahoo! の本社では、全労働時間の15%を自分の好きなことに使って良いという制度があるそうです。
おそらくそれを日本流に引き直したものだと思いますが、日本の法人では月に2日自分の好き場所で仕事をしていいというルールがあるそうです。
番組では1日オフィスを離れて山に紅葉を見にサイクリングに行き、途中でパソコンを使ってテレビ会議をしている社員の映像が流れていました。

Yahoo! のような業態であれば場所と時間を問わずに、仕事が出来ます。
毎日、必ず通勤する必要はなく、仕事上の効果が同じで身体が楽であればもっといろいろな仕事の仕方があるのではないかということを実証されているそうです。

これは、まさしくマーシャルがずっと昔から取り組んでいることです。
マーシャルでは、例えば在宅の社員とSkypeやGoogle+を使ってテレビ会議をしたり、オフィスでない場所でもできる仕事は持ち帰って社員の都合の良い時間に行うなど、それぞれの社員の環境や生活に合わせて仕事ができるように取り組んできました。

わざわざ出社をしなくても、オフィスでない場所であっても仕事ができて、そういう働き方をしても売り上げをどんどん伸ばして行かれるのです。

こういった働き方を採り入れる事は事業継続計画(BCP)にも役立ちます。災害時に事業を継続していく事の一環として、オフィスでない場所で仕事をすることは、BCPの導線にも練習にもなります。

BCPとは企業が緊急事態時に生き抜くための計画です。まだ計画を作成されていない企業様におかれましては、この機会に様々な働き方やBCPの策定を考えてみてはいかがでしょうか。

■ 事業継続計画-BCPの必要性について

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら