English
Japanese

ビジネス最前線

2015年3月19日 木曜日

大卒内定率が大幅に改善 女子学生は過去最高に!

◆大卒内定率は4年連続で改善
文部科学省と厚生労働省は、今春卒業予定の大学生の就職内定率(昨年12月1日時点)を公表しました。
全体の内定率は80.3%(前年同期比3.7ポイント増)で4年連続の改善となり、同時期の内定率が80%を越えるのは6年ぶりで、これは2008年9月のリーマンショックの影響前の80.5%とほぼ同じ水準にまで回復したことになります。
今回の結果は、企業の業績回復や人手不足を背景に、企業の採用意欲が高まったことが大きな要因だったとされています。
一方、就職希望率(大学院などに進学せず就職を希望する学生の割合)も77.7%と過去最高となりましたが、就職希望者約43万8,000人のうち、約8万6,000人がまだ内定を得られていないとみられています。

◆女子学生の内定率は過去最高の81.9%
男女別では、男子学生の就職内定率は78.9%(前年同期比2.7ポイント増)、女子は81.9%(同4.7ポイント増)となり、12月時点として調査を開始した1996年以降、最高の内定率となりました。
また、文系の内定率は79.4%(同4.6ポイント増)であり過去最高の伸び幅で、地区別でもいずれも前年同期を上回るなど就職状況が改善されているのがわかります。

◆金融機関が女子学生を積極的に採用
文部科学省はこの公表結果について、「景気の回復を受け、金融機関を中心に女子学生の採用意欲が高まった」と分析しています。
メガバンクでは、産休や育休を取りやすい職場環境を整えるために、窓口業務などを担う一般職を昨年よりも多く採用をするなど、女性を積極的に採用しようという姿勢が感じられます。
政府の成長戦略で「女性の活躍推進」が掲げられているなか、これからは女性の採用を増やすことで企業の成長につなげることが新たな課題とも言えそうです。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら