English
Japanese

法改正

2015年4月 1日 水曜日

個人情報保護法改正ですべての企業にセキュリティ対策を義務化

◆個人情報の「活用」と「保護」をめぐる変化
個人情報保護法が約10年前に完全施行された後、通販サイトでの購買履歴のような、施行当時には想定されていなかったデータが"ビッグデータ"として注目されるようになり、個人情報の定義や取扱いに関するルールを見直す必要が生じてきました。
また、来年1月からマイナンバーが導入されると、バラバラに存在する個人情報もマイナンバーを通じて個人を特定できる可能性があるため、従来の範囲を拡大して企業にセキュリティ対策を講じさせる必要があります。

◆漏洩は企業の「信用」も「利益」も消失させる
大きな話題となったベネッセの事件では、今年1月29日に1,789人の被害者が総額約9,840万円の損害賠償請求訴訟を起こしています。
また、親会社が2月に公表した連結決算では純利益が前年同期比82.2%減となり、顧客の信用も会社の利益も、事件をきっかけに失われてしまいました。
訴訟規模は今後も拡大する模様であり、個人情報の漏洩は企業存亡の致命傷となり得ることから、セキュリティ対策は必須と言えます。

◆「改正個人情報保護法案」の概要
政府は上記の変化や事件を受け、3月10日に改正法案を閣議決定し、国会に提出されました。
同案では、個人情報の定義に「個人識別符号が含まれるもの」が加わったほか、「データベース提供罪」が新設され、不正な利益を図る目的での個人情報データベースの提供・盗用は、1年以下の懲役または50万円以下の罰金に処せられます。
また、第三者から個人データの提供を受ける場合、その取得の経緯の確認や記録の作成等を義務付けます。
さらに、個人を特定できないように加工した「匿名加工情報」の取扱いに関するルールや「個人情報保護委員会」の設置も盛り込まれました。

◆早めの対応着手がお勧め
改正法の施行後は、個人情報の取扱件数等にかかわらず、すべての事業者が個人情報保護法の対象となり、セキュリティ対策が義務付けられます。
対策には、自社で扱うすべての個人情報の洗出しと種類に応じた取扱いルールの策定が必要であり、準備に時間がかかりますので、拙速な対応によるトラブルを避けるためにも早めに着手することをお勧めします。

◆社員の意識を変えるためにも是非情報漏洩研修を
「情報漏洩・流出」と一口に言っても、今やその情報流出の方法は様々です。
お酒の席でうっかり話してしまった!という物から、不正アクセス、車上荒らし、
ひったくり、誤配送、誤廃棄、
軽い気持ちでSNSに載せてしまった・・・
ちょっと考えただけでも、これだけの方法が出てきます。

社会情勢・国の方針、人々の考え方や価値観が変化している中、
扱うテーマは同じでも内容ややり方については、時代に合わせて変えていく必要があります。

情報漏洩で顧客の信頼を失い、契約が解除されたり、
営業停止となったりすることを防ぐためにも
是非、時代の変化に合わせた研修を何度でも行ってください。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは、情報漏洩研修を承っております。
最新の事例とともに具体的な言動を可視化することで
やってはいけない事、本人と会社のリスクなど詳しくご説明しております。
研修はマーシャルに是非お任せください。
弊社では情報漏洩研修に関するご相談を初回無料にて承っております。ご相談はこちらよりお気軽にお申込みください。

またウェブサイトでは、研修に関する詳細を載せております。ぜひご一読ください。

 情報漏えい研修

 新人社員研修「普遍的なものこそ時代に合わせた変化を」 (ブログ記事)

研修を受講したお客様よりいただいたご感想
 情報漏えい研修を受講して

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら