English
Japanese

駐在員事務所

2015年8月19日 水曜日

駐在員事務所の設立。会社名はどうつける?

駐在員事務所を設立するときに、会社名をどのようにつけたら良いかというお問い合わせを受けます。

駐在員事務所は法人登記を行わない事業所の形態です。

名称はもちろん自由に考えて良いのですが、
設立後に税務署に給与支払事務所等の開設届出書などの提出を行い、
従業員を雇い入れたときに、労災・雇用保険・健康保険・厚生年金に加入することを踏まえて、
今後の名称としてしてふさわしいものを選択します。

例えば、本社がシンガポールにあり、その名称が  ABC Asia Pte. Ltd.としましょう。
その駐在員事務所が日本にあることを示すため、次のような事業所名称が考えられます。


 1- ABC Asia Pte. Ltd. 日本駐在員事務所

 2- ABC Asia 日本駐在員事務所

 3- ABC 日本駐在員事務所


これらの中から名称を選択するのが一般的です。

マーシャル・コンサルティングでは、駐在員事務所設立時の届出から
給与計算・振込業務、社会保険手続、労災・雇用保険の加入、経理業務・・・といった業務を
一手にお引き受けいたしますので、駐在員の皆様には安心して本来の業務に専念していただけます。

また、ビジネス上のコンシェルジュとして
「駐在員事務所の社員に健康診断を受けさせたい」
「経理に詳しいスタッフがいないので、帳簿の管理をどうしていいかわからない」といった
小さな問題も、是非お気軽にマーシャルにご相談ください。

もちろん、海外の本社との英語でのコミュニケーションにも対応致します。
駐在員事務所設立の際は、是非マーシャルにお任せください。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは駐在員事務所に関するご相談を初回無料にて承っております。
無料ですので、是非お気軽にお申込みください。



投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング

 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら