English
Japanese

コンサルティングの利用例 Example of use

2013年4月 5日 金曜日

社会保険労務士100%活用術 ~外資系企業にも社労士を!

社会保険労務士は、労働法や社会保障制度及び人事管理に関する事項において裁判以外の紛争処理(ADR)を扱うことのできる日本独自の専門家としての資格です。しかし残念ながら、社会保険労務士という存在はまだ、十分に知られていないのが現状と思います。

今日は、我々社会保険労務士を、会社運営の中で質・及びコストの面で最も効率的に利用していく方法をお話します。

労働問題というと「弁護士に相談する」と考える方が多いと思います。
裁判上の手続きは、なぜ弁護士なのか、皆さんご存知ですか?その根拠は民事訴訟法にあります。裁判上の行為・手続きは弁護士が担当しますが、あっせんは個別労働紛争の調整に関する法律で特定社会保険労務士として付与されていれば、社会保険労務士があっせんを担当することも可能なのです。

よく、社会保険労務士と弁護士との行為の境目はどこにありますかというお問合せをいただきます。これは、法律上で代理行為がどの程度許されているかどうかによります。特定社会保険労務士であれば、個別労働紛争のあっせん代理まで担当することが可能です。労働組合の団体交渉については、会社の代理として団体交渉に参加することはできませんが、組合側で同意すれば状況を説明する参考人として団体交渉に参加することができます。また、労働組合からの質問書に対して文書で回答する際の回答文書の作成・相談対応やクライアントへのアドバイスが可能です。

しかしながら、労働審判や裁判については裁判上の手続きになるので、特定社労士は代理人になることができません。
このように特定社会保険労務士独自で代理行為ができる部分と、代理行為はできないが弁護士と連携して仕事をすることができる部分があります。

社会保険労務士活用術のポイントとしては、次の2つに集約されます。

1)問題が起こる前に対応策をその会社と一緒に考えることができる
2)会社運営において弁護士と併用しながら質・及びコストの面で社労士を最も効率的に利用していくバランスを考える。

こまかくご説明していきましょう。

1)問題が起こる前に対応策をその会社と一緒に考えることができる

 我々社会保険労務士をぜひご活用いただきたい点として
 労働問題に発展する前に問題が起こらないような事前の
 労務管理が可能になる事があげられます。

 具体的に説明しますと、社会保険労務士と顧問契約を結んでいただいている
 場合、常日頃からクライアントの労務管理状況を把握できるため、
 適宜最適なアドバイスをすることができます。
 例えば能力不足社員には、指導書や改善計画書をタイムリーに活用する
 方法をアドバイスします。
 また、「この部署は残業が多いから注意しておかないと過重労働対策で
 監督署からこのような指導が入る可能性がある」、「労働時間が過労死に
 結び付きやすいとされる年間3000時間を超えており、安全配慮義務を
 問われる危険性が大がある。」といった問題提起をしたうえで、
 これらの問題解決に向けてのアドバイスをすることができます。
 このように紛争が起こる前の予防的な機能を担っていくことが
 我々社会保険労務士にとって最も重要な職務です。
 そのために問題が起こらないような就業規則、雇用契約、マニュアルの作成や
 研修に力点を置いています。
 最終目標としては、「人材を積極的に活用し、その結果業績が上がり会社が
 成長していくサポートをする」ことだと考えています。

2)会社運営において弁護士と併用しながら質・及びコストの面で社労士を最も
 効率的に利用していくバランスを考える。

 外資系企業の場合ですと、労務の問題は外資系弁護士事務所の弁護士に頼む
 ケースが多いと思いますが、案件が長引けば長引くほど費用の負担が大きく
 なることがあります。
 平成23年に担当した案件で、こんなリーズナブルな活用方法をされている
 ケースがありました。
 依頼人は外国人の日本法人代表者の方。
 労働審判に対応する必要があり、日本の労働法に強い弁護士の方に
 お願いしたいというご要望をお持ちでしたが、日本語は勉強中のため、英語の
 コミュニケーションサポート(通訳・翻訳)が必要でした。
 そこで、弊社が弁護士と連携して労働審判を担当することになり、打合せや
 労働審判の期日での通訳、申立書、答弁書や証拠資料の翻訳などを
 行いました。


ぜひ、このように法律に定められた対応可能な範囲を理解し、社会保険労務士を安心して活用いただきたいと思います。
弊社では顧問契約をはじめ、各種のご相談を初回無料にて承っております。無料相談のお申込みはこちらから承っております。お気軽にお申込みください。

これまでの海外業務実績社会保険労務士100%活用術の詳細や人事労務顧問について掲載しております。是非ご参考になさってください。

記事URL

 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら