English
Japanese

ワークライフバランス

2013年8月27日 火曜日

女性は「仕事と家庭の両立」についてどう考えているか?

◆「育休3年化」には賛否
政府の「成長戦略」の1つとして"女性の活躍"が前面に打ち出され、具体的な施策として「育児休業期間の3年化」が挙げられています。
この施策について、メディケア生命保険株式会社の調査によれば、未就学児の母親(20~49歳)のうち71.2%の人が「賛成」(「賛成する」と「どちらかといえば賛成する」の合計)と回答しています。
しかし、好意的な意見もある一方、「育休取得後の職場での活躍を困難にする」(88.8%)、「不当な解雇が増える」(81.2%)といった不安の声も挙がっています。

◆両立のために必要なことは?
仕事と家庭を両立させるために必要な要素は何でしょうか?
株式会社ビースタイルが運営する「しゅふ活研究室」(http://www.b-style.net/research/)が、主に働く意欲のある主婦層を対象に実施した「仕事と家庭の両立」についてのアンケート調査によれば、「仕事と家庭を両立できている」とする人は51.4%でしたが、そのうち65.8%が「不満がある」としています。
そして、「仕事と家庭を両立させる上で必要なこと」(複数回答)については、「条件に合う仕事」(86.0%)、「職場の理解」(83.7%)、「家族の理解・協力」(82.0%)が上位となっています。

◆"昇進意欲"がある人の割合は?
また、公益財団法人21世紀職業財団が、従業員300人以上の企業に勤務する子どものいる正社員女性を対象に実施した「育児をしながら働く女性の昇進意欲やモチベーションに関する調査」によると、「あなたの昇進へ希望を教えてください」という問いに対して、「昇進したい」と回答した女性は全回答者(2,500人)のうち908名(36.3%)、「昇進したくない」と回答した女性は813名(32.5%)でした。
「昇進はしたいけど家庭との両立ができなくなる」「家庭を犠牲にしてまで昇進したくない」と考える女性が多いのでしょうか。

◆就業環境を見直しましょう
育児休暇後に職場復帰する場合、保育園の慣らし保育にはじまり(これは育休中に済ませる親ごさんが多いかもしれませんが)、病気による頻繁な呼び出しや休暇が、ほとんどの場合一番最初の「両立の壁」になるでしょう。
周りに手助けをしてくれる親戚などがいない場合は、もし夫が育児に協力的で半分を負担してくれたとしても、残りの半分は当然母親の役目です。
「何度もお休みが続いて周りに申し訳ない」「休みを取りづらい」中で、肩身を狭くして休暇を願い出る母親も多いのではないでしょうか。

特に第1子の場合は出産後も働き続けるつもりであっても、実際復帰してみると、度重なる発熱や頭が混乱しそうになる程数の多い予防接種・健診など、予想以上に働き続ける事が困難な場合もあります。出産後に働き続けたくても、この部分で躊躇して、復帰する事をあきらめる女性が多いのもうなずけます。しかし、能力のある社員を出産の為に失う事は会社にとって大きな損失となります。

例えば「休まなくても自宅で仕事が出来る」「時短制度やフレキシブル出社制度があるので、予防接種や健診を済ませてから出社できる」場合は、どうでしょう。「周りに迷惑をかけて申し訳ない」気持ちが少し減らせるだけでも、働き続ける意欲につながるのではないでしょうか。

病児保育や急な場合のサポートママを確保したり、仕事を前倒しして進める努力をするのはもちろんの事ですが、女性だけではなく、育児中・介護中の共働き夫婦のためにも就業環境を整える事は、重要な人材を確保するために不可欠です。
子育て世代へのサポート、介護が必要な世代への理解、仕事に意欲をしめしている世代へのスキルアップ支援等のバックアップ、どのような支援を行うかは会社によってことなりますが、御社独自のユニークな制度を私たちとともに考え、次なる会社の発展をめざしましょう。

◆マーシャルにおまかせください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、成功事例から学ぶ人事戦略セミナーの開催を承っております。
このセミナーでは下記テーマの他にマーシャル・コンサルティングが手掛けた成功事例を大公開します。
(1) 景気低迷下でも業績を伸ばすしくみとは(不況耐性力をつける)
(2) 人手不足を解消し、優秀な人材を十分に確保するには
(3) 残業ゼロ、有給休暇を取っても業績アップのコツ!
(4) 最少のコストで最大の成果を上げる-勤務体制の活用法
   在宅勤務、フレックスタイム制、変形労働時間制、短時間勤務
(5) 仕事の効率を意識して無駄のない業務で企業利益を増加するには
※ 災害時に備えて人事面での事業継続プラン(BCP)もお話します!

人事戦略セミナーのお申込み・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。マーシャルではセミナーのご相談を初回無料にて承っております。お気軽にお申し込みください。

◆マーシャルの「仕事と家庭の両立」への取り組み
マーシャルで働くスタッフは、代表を含め全員が子供を持つ母親です。未就学児から大学生まで、様々な年代の子供達がおりますが、その年代によって親の関わり方はかわってきます。
未就学児であれば、それこそ生活のすべてに密に関わりがあります。
小学生でも、まだまだ熱を出したり友人関係など親が係る場面がたくさんあります。
中学生以上であれば病気の頻度は少なくなりますが、受験や就職など、精神的に親がフォローしてあげたい場面も時として出てきます。
マーシャルでは、子供の年代や介護等の家庭環境による各社員の気持ちや希望に合わせて、働き方を変えています。代表をはじめ、数人の社員の働き方をウェブサイトに掲載しておりますので、ぜひご参考になさってください。
また、マーシャルではワークライフバランスの構築につきましても無料にて初回ご相談を承っております。無料ですので、こちらよりお気軽にお申込みください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

2013年8月27日 火曜日

女性は「仕事と家庭の両立」についてどう考えているか?

◆「育休3年化」には賛否
政府の「成長戦略」の1つとして"女性の活躍"が前面に打ち出され、具体的な施策として「育児休業期間の3年化」が挙げられています。
この施策について、メディケア生命保険株式会社の調査によれば、未就学児の母親(20~49歳)のうち71.2%の人が「賛成」(「賛成する」と「どちらかといえば賛成する」の合計)と回答しています。
しかし、好意的な意見もある一方、「育休取得後の職場での活躍を困難にする」(88.8%)、「不当な解雇が増える」(81.2%)といった不安の声も挙がっています。

◆両立のために必要なことは?
仕事と家庭を両立させるために必要な要素は何でしょうか?
株式会社ビースタイルが運営する「しゅふ活研究室」(http://www.b-style.net/research/)が、主に働く意欲のある主婦層を対象に実施した「仕事と家庭の両立」についてのアンケート調査によれば、「仕事と家庭を両立できている」とする人は51.4%でしたが、そのうち65.8%が「不満がある」としています。
そして、「仕事と家庭を両立させる上で必要なこと」(複数回答)については、「条件に合う仕事」(86.0%)、「職場の理解」(83.7%)、「家族の理解・協力」(82.0%)が上位となっています。

◆"昇進意欲"がある人の割合は?
また、公益財団法人21世紀職業財団が、従業員300人以上の企業に勤務する子どものいる正社員女性を対象に実施した「育児をしながら働く女性の昇進意欲やモチベーションに関する調査」によると、「あなたの昇進へ希望を教えてください」という問いに対して、「昇進したい」と回答した女性は全回答者(2,500人)のうち908名(36.3%)、「昇進したくない」と回答した女性は813名(32.5%)でした。
「昇進はしたいけど家庭との両立ができなくなる」「家庭を犠牲にしてまで昇進したくない」と考える女性が多いのでしょうか。

◆就業環境を見直しましょう
育児休暇後に職場復帰する場合、保育園の慣らし保育にはじまり(これは育休中に済ませる親ごさんが多いかもしれませんが)、病気による頻繁な呼び出しや休暇が、ほとんどの場合一番最初の「両立の壁」になるでしょう。
周りに手助けをしてくれる親戚などがいない場合は、もし夫が育児に協力的で半分を負担してくれたとしても、残りの半分は当然母親の役目です。
「何度もお休みが続いて周りに申し訳ない」「休みを取りづらい」中で、肩身を狭くして休暇を願い出る母親も多いのではないでしょうか。

特に第1子の場合は出産後も働き続けるつもりであっても、実際復帰してみると、度重なる発熱や頭が混乱しそうになる程数の多い予防接種・健診など、予想以上に働き続ける事が困難な場合もあります。出産後に働き続けたくても、この部分で躊躇して、復帰する事をあきらめる女性が多いのもうなずけます。しかし、能力のある社員を出産の為に失う事は会社にとって大きな損失となります。

例えば「休まなくても自宅で仕事が出来る」「時短制度やフレキシブル出社制度があるので、予防接種や健診を済ませてから出社できる」場合は、どうでしょう。「周りに迷惑をかけて申し訳ない」気持ちが少し減らせるだけでも、働き続ける意欲につながるのではないでしょうか。

病児保育や急な場合のサポートママを確保したり、仕事を前倒しして進める努力をするのはもちろんの事ですが、女性だけではなく、育児中・介護中の共働き夫婦のためにも就業環境を整える事は、重要な人材を確保するために不可欠です。
子育て世代へのサポート、介護が必要な世代への理解、仕事に意欲をしめしている世代へのスキルアップ支援等のバックアップ、どのような支援を行うかは会社によってことなりますが、御社独自のユニークな制度を私たちとともに考え、次なる会社の発展をめざしましょう。

◆マーシャルにおまかせください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、成功事例から学ぶ人事戦略セミナーの開催を承っております。
このセミナーでは下記テーマの他にマーシャル・コンサルティングが手掛けた成功事例を大公開します。
(1) 景気低迷下でも業績を伸ばすしくみとは(不況耐性力をつける)
(2) 人手不足を解消し、優秀な人材を十分に確保するには
(3) 残業ゼロ、有給休暇を取っても業績アップのコツ!
(4) 最少のコストで最大の成果を上げる-勤務体制の活用法
   在宅勤務、フレックスタイム制、変形労働時間制、短時間勤務
(5) 仕事の効率を意識して無駄のない業務で企業利益を増加するには
※ 災害時に備えて人事面での事業継続プラン(BCP)もお話します!

人事戦略セミナーのお申込み・お問合せはこちらからお気軽にどうぞ。マーシャルではセミナーのご相談を初回無料にて承っております。お気軽にお申し込みください。

◆マーシャルの「仕事と家庭の両立」への取り組み
マーシャルで働くスタッフは、代表を含め全員が子供を持つ母親です。未就学児から大学生まで、様々な年代の子供達がおりますが、その年代によって親の関わり方はかわってきます。
未就学児であれば、それこそ生活のすべてに密に関わりがあります。
小学生でも、まだまだ熱を出したり友人関係など親が係る場面がたくさんあります。
中学生以上であれば病気の頻度は少なくなりますが、受験や就職など、精神的に親がフォローしてあげたい場面も時として出てきます。
マーシャルでは、子供の年代や介護等の家庭環境による各社員の気持ちや希望に合わせて、働き方を変えています。代表をはじめ、数人の社員の働き方をウェブサイトに掲載しておりますので、ぜひご参考になさってください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

2013年8月20日 火曜日

これからの女性の働き方~女性管理職は増加していくか?~

◆半数以上が「今の職場は働きづらい」と回答
株式会社マイナビが、同社会員サイトの未婚の20代女性(466人)を対象に実施した「女性の働き方に関する調査」によると、「今の会社は女性にとって働きやすいと思いますか?」という質問に対し、半数以上の51.5%(前年比3.5ポイント増)が「働きやすいと思わない」と回答してことがわかりました。
理由としては、以下のことが挙げられました。
・女性の管理職がほとんどいない(47.1%)
・待遇・評価制度がしっかりしていない(41.2%)
・福利厚生が充実していない(39.6%)

◆「会社内に目標としたい女性がいない」も半数以上
また、「今の会社に将来モデル(目標)にしたいと思える女性の上司・先輩はいますか」という問いには、56.6%(前年比0.3ポイント増)が「いない」と回答しました。
女性の管理職登用・推進についてのコメントを見てみると、「女性管理職が増えれば、相談などもしやすくなる」「育児や出産に対する制度の制定へ前進するきっかけになると思うから」という声があり、女性が働きやすい職場環境へ導くような同性の管理職の存在を必要としている女性が多いことがわかりました。

◆「女性役員の増員を検討」25%
また、日本経済新聞社が「女性役員の登用」について、社長100人に行ったアンケート調査の結果によると、「今後も人数を増やすつもりだ」と回答した人は25.0%となり、「今のところ増やす考えはない」の6.1%を大きく上回りました。「登用を検討中」という回答も17.6%ありました。
上記の調査結果からも、今後も女性の職場における役割はますます高まり、それに合わせ職場環境も改善させることが予想されます。

◆今こそワークライフバランスを
女性の場合は、出産や介護など、仕事との両立に悩む転機がたびたび訪れます。しかし、どんな事情であれ、能力のある社員を失うことは企業にとっての損失となります。介護があっても出産後でも働き続けられる方法はたくさんあります。

ワーク・ライフ・バランスを制度や福利厚生を提供するだけの表面的な対応を行っている企業も少なくありません。

世代や性別、個人によっても求める充実感が異なりますが、その時々によって最高のパフォーマンスをあげてもらうように会社が制度を用意し、運用しやすい環境を作ることが真のワーク・ライフ・バランスです。

子育て世代へのサポート、介護が必要な世代への理解、仕事に意欲をしめしている世代へのスキルアップ支援等のバックアップ、どのような支援を行うかは会社によってことなりますが、御社独自のユニークなワーク・バランス・制度を私たちとともに考え、次なる会社の発展をめざしましょう。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは、ワークライフバランスの構築に関する相談を初回無料にて承っております。無料ですので、ぜひお気軽にこちらのページよりお申込みください。またウェブサイトにてワークライフバランスについての詳細や残業時間の削減、業務改善の方法について掲載しております。ぜひご一読ください。

関連ブログ記事
■ 出産後も働く女性が増えています

■ 「仕事」と「介護」を両立する社員が増加する時代へ

■ 40代...育児と介護が重なってしまったら

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

2013年8月19日 月曜日

精神障害の労災認定件数が過去最多に!

◆脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況
厚生労働省が、平成24年度の「脳・心臓疾患と精神障害の労災補償状況」を発表しました。これは、過重な仕事が原因で発症した脳・心臓疾患や、仕事による強いストレスなどが原因で発病した精神障害の状況についてまとめたものです。
くも膜下出血などの「脳血管疾患」や、心筋梗塞などの「心臓疾患」は、過重な仕事が原因で発症する場合があり、これにより死亡した場合は「過労死」とも呼ばれています。

◆精神障害の労災認定件数が過去最多に
今回注目すべきは、精神障害の労災申請自体は前年より若干少なくなりました(1,257件)が、労災認定件数が475件(前年度比150件増)となり、過去最多となったことです。
その内容を見ると、昨今、行政による是正指導でも多く指摘されている事項が並んでいます。
業種別では、製造業や卸・小売業、運輸業、医療・福祉といった業種が多くなっています。

◆仕事量・内容の変化、嫌がらせ・いじめに注意
次に、出来事別に支給決定件数をみると、(1)仕事内容・仕事量の(大きな)変化を生じさせる出来事があった、(2)(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた、(3)悲惨な事故や災害の体験、目撃をした、の順に多くなっています。
また、増加件数としては、(1)1カ月に80時間以上の時間外労働を行った(前年度比29件増)、(2)(重度の)病気やケガをした(同27件増)、(3)上司とのトラブルがあった(同19件増)、(4)セクシュアルハラスメントを受けた(同18件増)、(5)(ひどい)嫌がらせ、いじめ、又は暴行を受けた(同15件増)の順に多くなっています。

◆体調の管理と併せて労働時間の管理も
「1カ月に80時間以上の時間外労働を行った」という部分については、脳・心臓疾患の時間外労働時間数(1カ月平均)別支給決定件数をみても、飛躍的に発症件数が増えてくるところですので、会社の労働時間の管理が非常に重要であることがわかります。
時間外労働が多いと睡眠不足など体調の管理も難しくなり、こうした労災の発生につながってくることも考えられます。
暑い時期になり、熱中症が例年になく多く発生しているようです。今年は体調の管理と併せて、労働時間の管理についても見直してみてはいかがでしょうか。

◆仕事と命のバランス
ワークライフバランスは当初、女性社員の育児休業取得推進から導入する企業が多かったと思います。しかしこれ からは「アフターワークや私生活の充実」を重要視する企業が、徐々にではあっても増えていく必要があると考えています。「生産 性を上げて余暇に1時間でも多く勉強できればその人の財産になる」といった考え方や「クラブ活動で職場内での横のつながりを大切にする 」といった考え方へのパラダイムシフトが求められていると思います。

ワークライフバランスという言葉ですが、日本では「仕事と家庭の両立」として浸透しています。厚生労働省 では両立支援を奨めている一方で、日本では過重労働により過労自死という問題が後を絶ちません。どんな職場であっても、健康を損ねる ような働き方をしていい職場などありません。ワークライフバランスは仕事と家庭だけでなく、ライフは「命」でもあります。今の日本で は仕事と「命」のバランスでもあるのです。


日本では休養を強制する法律がありません。例えばドイツの場合は使用者が従業員に有給休暇を取得させる義 務がありますが、日本の場合は従業員が請求したらその時季に取得させなければならないとしています。つまり休暇という休養を強制する 法律がないのです。
企 業間競争がよりグローバルになる中、労働環境についても今後は休暇の消化、残業の削減といった取り組みがより重要になるのではないでしょ うか?

◆マーシャルにお任せください
ワークライフバランスと一口に言っても、やり方は各企業様によって様々です。
短時間制度の取り組みが向いている企業様、残業時間削減の取り組みが向いている企業様。どの企業様も業務分担を見直す事から始めてみましょう。弊社のウェブサイトでは業務改善の方法、会社での留意点、部門での取り組み方法をご紹介しております。是非参考になさってください。
また株式会社マーシャル・コンサルティングでは、ワークライフバランスの構築に関するご相談を初回無料にて承っております。無料ですので、こちらのページからお気軽にお申し込みください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら