English
Japanese

労働問題

2015年8月20日 木曜日

週休3日で週4日勤務 働き方改革の秘訣

社員の時間あたりの生産性をあげたい、社員の定着率をあげたい。
そんな問題を解決しようと、働き方の見直し行う企業が増えています。

8月20日の朝刊で公表されたファーストリテイリングの取り組みもその1つです。

ファーストリテイリングは、今年の10月から週に4日働いて3日休む労働時間制度を約1万人の正社員を対象に導入するそうです。
約1万人というと全従業員の約20%。

まず、衣料品を扱う「ユニクロ」840店を対象に、転勤のない「地域正社員」約1万人のうち、本人が希望すれば週休3日を選べるそうです。

週休3日にしたら、労働時間が減るんじゃないの?と疑問に思う方も多いと思います。

実は、この制度は変形労働時間制を活用しています。
通常、1日8時間・週5日勤務のところを、1日10時間・週4日勤務にすることで
週の労働時間が平均して40時間になるように設定しています。

変形労働時間には、1年単位、1か月単位で利用することができます。

比較的活用しやすいのは、1か月単位変形労働時間制ですが、
この制度を利用するには、労使協定や就業規則等で次の内容を定めます。

 ① 対象労働者の範囲

 ② 対象期間および起算日

 ③ 労働日および労働日ごとの労働時間

 ④ 労使協定の有効期間


また、1箇月単位変形労働時間制に関する協定届を提出します。


導入に当たっては、労働基準法に定める要件を満たす必要がありますので、就業規則の改定も含めて専門家にご相談ください。
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、変形労働時間制の導入や就業規則に関するご相談を初回無料にて承っております。無料ですので、どうぞお気軽にこちらよりお申込みください。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

2015年8月17日 月曜日

業務上の問題だけではない「朝型勤務」導入前の検討事項

◆「ゆう活」開始!~目指すは働き方改革
この7月1日より、働き方改革の一環として、国家公務員が勤務時間を1~2時間ほど前倒しする「朝型勤務」が始まりました。政府では、この朝型勤務を「ゆう活(ゆうやけ時間活動推進)」と名付け、民間企業にも導入を働きかけるなど、夏の生活スタイルを変革する新たな国民運動として盛り上げていく方針です。
この働きかけに対して、実際に呼応する企業も増えてきました。

◆朝型導入にあたって考えたいこと
とはいえ、実際にこうした朝型勤務を自社に導入しようとすると、「早起きできない」「逆に効率が上がらない」などといった声も上がります。
それを「怠惰」などと考えるなかれ。早起きに対する感じ方や体内リズムには個人差があり、朝型移行の成否には、「朝型勤務に適した体質か」が大きく関与してくることがわかってきています。
実は、朝型勤務に適応しにくい労働者は少なからず存在しており、すべての人に一律に求めると無理も出てきてしまうのです。体質的に夜型の人は成人の3割おり、こうした人は朝型勤務に適応しきれず、心身の不調も引き起こしかねません。
各人の特徴を知って、パフォーマンスを最大にすることができるよう、朝型に限らず、時間の使い方を工夫することがまず大切と言えそうです。

◆まずは自分の体質を知ってみよう!
国立精神・神経医療研究センター精神生理研究部では、自身の朝型・夜型の別がわかる簡易チェックを公開しています(「朝型夜型質問紙」)。

これは、
(1)目覚めてから容易に起きることができるか
(2)夜、何時に眠くなるか
(3)1日のどの時間帯に体調が最高か...
などの世界共通の19項目の質問に答えることで、自身の朝型・夜型の体質がわかるというものです。
朝型勤務の導入を考える前にこうしたチェックを行ってみてもよいかもしれませんね。

投稿者 株式会社マーシャル・コンサルティング | 記事URL

カレンダー

2015年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
 

〒231-0023
横浜市中区山下町24-8-805

ホームページを見たとお伝えください 045-212-0681

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら