English
Japanese
ホーム > ハラスメント研修(セクハラ・パワハラ) > ハラスメント(セクハラ・パワハラ)とは

ハラスメント(セクハラ・パワハラ)とは

ハラスメント対策の重要性

セクシュアルハラスメントのケースが国内外を問わず連日マスコミで報道されています。

一般の企業でも社内、もしくは取引先や顧客からセクシュアルハラスメントの被害にあい、悩んでいる社員は少なくありません。

セクシュアルハラスメントは男女雇用機会均等法により、その防止策や実際に起こったときの対応策が定められています。防止策の一つとして、就業規則に指針を定め、社員の教育を行うことが挙げられています。


セクシュアルハラスメントの対応方法

就業規則で次の内容を定めます。

 1 セクハラの内容、あってはならない旨の方針の明確化と周知・啓発
 2 行為者への厳正な対処方針、内容の規定化と周知・啓発
 3 相談窓口の設置
 4 相談に対する適切な対応
 5 事実関係の迅速かつ正確な確認
 6 当事者に対する適正な措置の実施
 7 再発防止措置の実施
 8 当事者等のプライバシー保護のための措置の実施と周知
 9 相談、協力等を理由に不利益な取扱いを行ってはならない旨の定めと周知・啓発

研修を実施し、上記の内容を周知・啓発します。

セクシュアルハラスメントで見落としがちなのが取引先や顧客からの被害にあって悩むケースです。
多くの企業で、取引先との仕事や契約上の問題から、対応に苦慮しています。

厚生労働省の男女雇用機会均等法の指針では、社員からセクハラ被害の訴えがあった場合、速やかに事実確認し、被害を確認できれば、被害者への対応や再発防止に取り組むように求めています。


対応策の例: セクハラ被害を訴える社員の配置変更や、取引先に指摘することなど

被害が大きくなってからでは、対応は後手にまわり、大切な社員までも失うことになりかねません。


セクシュアルハラスメント対策は絶対に講じておかなければなりません。

マーシャル・コンサルティングでは、次のセクシュアルハラスメント対策を行います。
 

ハラスメント防止対策の立案

就業規則の作成や修正

ハラスメント研修の実施

社外の相談窓口として担当


相談窓口について
相談窓口は、事務所内、事務所の外部でも設置することは構いません。外資系企業でよく見受けられるのは、グローバルのコンプライアンス部門でハラスメント対応を行うケースです。

ただし、グローバルの相談窓口と時差があったり、被害を受けた社員が英語で説明しなければならないといった負担がかかることがあります。社内の担当者を窓口にすることが望ましいのですが、社内に窓口を設けることが難しい場合、マーシャル・コンサルティングで対応しております。
ぜひご活用ください。

マーシャルにお任せください
セクシュアルハラスメント対策はぜひ、マーシャルにおまかせください。

弊社ではハラスメント対策に係る各業務の相談を
初回無料にて承っております。無料相談はこちらのページよりお気軽にお申込みください。

※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
  あらかじめご了承をお願いいたします。
※30分を大幅に超えてしまった場合や、ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。


お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 TEL:045-594-7315
 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら