English
Japanese
ホーム > 英文就業規則作成 > マイナンバーの対応サポート

マイナンバー対応のサポート

1.マイナンバー法制定による安全管理措置
「マイナンバー法(*)」制定により、マイナンバー(特定個人情報)の適正な取り扱いについて、特定個人情報保護委員会によるガイドラインが2015年12月に出されています。
(*)行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律 (2015年10月5日施行)

マイナンバーは、氏名・生年月日・住所・性別といった個人情報に加えて、今後は年金の加入記録や医療情報をも集約する非常に重要な番号であるため、より高いセキュリティが求められます。そのためガイドラインにより、各企業でマイナンバーの漏えい、滅失または毀損の防止のための方法を検討・実施することが義務付けられています。


1. 特定個人情報の安全管理措置に関する基本方針の策定
2.  取扱規程等の策定
3.  組織的安全管理措置
4.  人的安全管理措置
5.  物理的安全管理措置
6.  技術的安全管理措置

2.企業で実施すべき具体的対策
ガイドラインでは、マイナンバーに関する対策として、次の事項を定めています。

1) マイナンバーに対する基本方針及び取扱規程を策定
2) マイナンバーの事務を取り扱う人事担当者や会計担当者のマニュアルの策定
3) 事務担当者だけでなく、全社員に向けての研修の実施


(1) 就業規則の改訂
  ・マイナンバーを取得する目的・採用時提出書類
 ・マイナンバーを提出する義務
 ・服務規律(特に情報セキュリティ)の見直し
 ・教育訓練    etc.
(2) 取扱基本方針
(3) 特定個人情報保護規定の策定
 1 組織的安全管理措置
 人的安全管理措置
 ・個人番号取扱担当者・責任者についての記載
 ・誓約書・規程の作成
 ・従業員教育       etc.
 2 物理的安全管理措置 ・取扱区域における機器等の管理
 ・機器の盗難防止対策   etc.
 3 技術的安全管理措置 ・アクセス制限
 ・パスワードの取扱    etc.
(4) 取扱マニュアルの策定
  事務担当者 マイナンバーの取得・保管・廃棄に関する手続 etc.

















内閣府から公表されている、従業員の少ない事業者向けの「マイナンバー導入チェックリスト」の内容をご紹介いたします。

◆マイナンバー導入チェックリスト
 チェックリストの内容は、以下の7項目となっています。
【1】担当者の明確化と番号の取得
  □
マイナンバーを扱う人を、あらかじめ決めておきましょう
   (給料や社会保険料を扱っている人など)。
  □マイナンバーを従業員から取得する際には、
利用目的(「源泉徴収票作成」
   「健康保険・厚生年金保険届出」「雇用保険届出」)を伝えましょう。
  □マイナンバーを従業員から取得する際には、
番号が間違っていないかの
   確認と身元の確認
が必要です。顔写真の付いている「個人番号カード」か、
   10月から届くマイナンバーが書いてある「通知カード」と「運転免許証」
   などで確認を行いましょう。
【2】マイナンバーの管理・保管
  □マイナンバーが記載された書類は、カギがかかる棚や引き出しに大切に
   
保管するようにしましょう。
  □パソコンがインターネットに接続されている場合は、ウィルス対策ソフトを
   最新版に更新するなど
セキュリティ対策を行いましょう。
  □従業員の退職や契約の終了などでマイナンバーが必要なくなったら、
   細かく裁断するなどマイナンバーの書いてある書類を
廃棄しましょう。
   パソコンに入っているマイナンバーも削除しましょう。
【3】従業員の皆さんへの確認事項
  □
制度に関する周知文書を掲示版に貼るなどして、従業員の皆さんに通知が
   届く時期や何に使うかなど、基本的なことを知ってもらいましょう。

     
3.スケジュール
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、
 ・就業規則の作成又は修正及び労働基準監督署への届出
 ・社員の皆様への就業規則の説明
 ・マイナンバー研修の実施  を承っております。


ご契約期間:   平成28年契約時より11月末日までの場合のモデルプラン
 PeriodSchedule
 1) ご契約時から
 9月末
          
 2回の打合せを実施します。
1.  初回ドラフト作成・御社によるレビュー
2.  第1回打合せ
3.  第2版ドラフト作成・御社によるレビュー
4.  第2回打合せ
5.  第3版ドラフト作成・御社によるレビュー
6.  5による修正を行い、ファイナルドラフトの納品
 2) 10月 社員への就業規則の説明及びマイナンバー研修の実施:
 就業規則等の届出前の最終確定
 11月初旬 就業規則の労働基準監督署への届出:
就業規則変更届及び意見書をご用意いただき、労働基準監督署に提出致します
 

4.コンサルティング費用
コンサルティングの内容は各企業様によりご要望の範囲が異なるため、
御担当者様にヒアリングを行い、その上で御見積もり致します。

無料相談をご利用ください
株式会社マーシャル・コンサルティングでは、マイナンバー対応のサポートに関わる初回ご相談を無料で承っております。
お困りの事がございましたら、お気軽に
無料相談お申込みフォームより、お申込みください。


※できる限り迅速に対応させていただきますが、コンサルタントの業務の関係上、
 ご連絡までに最大で1週間程度(もしくは数日間)お待ちいただく場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
 あらかじめご了承をお願いいたします。
※30分を大幅に超えてしまった場合や、ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。

     
お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 TEL:045-594-7315
     
関連ブログ記事
◆ マイナンバー最新情報
◆ 
マイナンバー・厚労省から発表された本人確認(番号確認・身元確認)のポイント
◆ 「改正個人情報保護法」「改正マイナンバー法」成立で変わること
◆ Introduction of the Social Security and Tax Number System by the new law enforcement(My Number)
◆ 内閣府作成の「マイナンバー導入チェックリスト」
◆ やむを得ない理由で住所地でマイナンバー通知カードを受け取ることができない方へ
◆ マイナンバーセミナーを開催いたします(9月7日)
◆ 最低限押さえておくべき「マイナンバー対策」のポイント
◆ 企業のマイナンバー対応の現状と内閣府公表リーフレット
     
 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら