English
Japanese
ホーム > ハラスメント研修

ハラスメント研修

研修の狙い

・社員が加害者または被害者にならないために気を付ける言動と、会社として管理者としての責任と対応や
 相談窓口担当者が注意すべきことをお話しし、グループディスカッションの時間をとります。

・ハラスメント問題が起きた場合の会社と社員のリスクについて、法的なリスクと企業存続に関わるリスクの  
 両面からご説明し、ハラスメントに該当する言動についてお話いたします。

・日本国内のハラスメント防止研修だけでなく、海外本社に出向する社員のためのハラスメント防止講習も承っております。
例)
・アメリカ本社で教育研修を受けることになった。日本とセクシュアル・ハラスメントの考え方が違うので、
 派遣前に学んでおきたい
・派遣される社員だけでなく、日本の会社が教育派遣される社員をどのようにサポートするか学びたい


 
   
研修内容

【第一部】 セクシュアルハラスメント

I. セクシュアルハラスメントについて考える/これがセクシュアルハラスメントです
(1)  日本の法律による職場におけるセクシュアルハラスメントの定義
(2) 「労働者」とは何か?
(3) 「性的な言動」とは何か?
(4) 「職場」とは何か?
(5)
 2種類のセクシュアルハラスメント
(6) 行動がセクシュアルハラスメントであるかどうかの判定基準
(7) 同性同士も加害者になり得る (LGBTに関連する事項も含めます)
(8) セクシュアルハラスメントのグレーエリア
(9) ケース・スタディ


【第二部】 職場のいじめ、精神的虐待・暴力(パワーハラスメント及びモラルハラスメント)

I. パワーハラスメントとは何か
(1)  パワーハラスメントの類型
(2)  判断基準(業務の適正な範囲とは何か)
(3)  パワーハラスメントを受けたときに上司にやめてほしい事をどのように伝えるか

II. モラルハラスメントとは何か

 <フランスの精神科医マリー=フランス・イルゴイエンヌ博士による定義>
言葉や態度、身振りや文書などによって、働く人の人格や尊厳を傷つけたり、肉体的、精神的に傷を負わせて、その人間が、職場を辞めざるを得ない状況に追い込んだり、職場の雰囲気を悪くさせること


(1) モラルハラスメントの類型
(2) 判断基準
(3)
 モラルハラスメントを受けたときに上司や同僚にやめてほしい事をどのように伝えるか


【第三部】 ハラスメント防止の必要性と対応策

III. ハラスメントの影響/なぜハラスメントを防止する必要性があるか

(1) 職場におけるハラスメントの影響
(2) ハラスメントに伴う会社と従業員のリスク・法的な問題点

(3) ハラスメントの裁判例

IV. 両当事者の側面からのハラスメント
(1) 加害者にならないためのポイント
(2) ハラスメントの被害者にならないためのポイント
(3) ハラスメントを受けていると思った時に講じるべき対策

V. むずかしい上司や同僚・部下へのコミュニケーションの取り方
(1)  どう伝えるか
  1. 決して感情的にならない
  2. キャリアや人権、人格を傷つけたりしない
  3. 職場での役割や存在自体を否定したりしない
  4. 嫌悪感などの否定的なメッセージを発していない
  5. 毅然として(伝えたあとにご機嫌取りしない)
  6. 適度な強さで
 
VI. 社内の防止策と相談体制
(1) 会社におけるハラスメント対策・解決方針
     実際に就業規則を見ながら確認します。
      
VII. 総括・Q&A


※ テキストの内容の順序や、内容は当研修の目的を考え再構成しますので、下記と異なる場合があります。

  
研修完了までの流れ
※ 研修は、費用対効果を考えて3時間~1日までのオーダーメイドです。
※ 事前打合せ1回⇒研修用教材作成⇒当日研修実施⇒結果ご報告を含み、
  3時間の研修で162,000円とさせていただきます。
※ “研修のための研修”でなく御社に必要な研修・訓練を行います。

  お打合せ → プログラム+お見積り → ご契約 → 実施 → 研修ご報告

弊社では、ハラスメント講習に関わる
初回ご相談を無料で承っております。
お困りの事がございましたら、お気軽に
無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

※ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
  あらかじめご了承をお願いいたします。


お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 TEL:045-594-7315
      


    
研修にご参加いただいた皆様のご感想
88%の受講者の方から講義内容・時間について「適切・満足」というご感想をいただいております

・普段の業務の中で、ビジネスマナーやハラスメントを話し合う場がないので、こうした研修で理解を深めた後で
 会社全体で話し合えたのがとても良かった。

・何気なく話している事でも、相手を不快にさせる事があると普段から気を付けているつもりでしたが、
 また考えさせられました。
 セミナーを受けさせていただいてありがとうございました。

・漠然と「これはセクハラかな?」「これはモラハラでは?」と思っていた事があったが、
 今後気を付けていかなければならない点が具体的にわかった。

・社内でのハラスメントであっても、会社全体の信用問題に発展することもあると知り
 気を引き締めていかなければならないと思った。

・男性・女性にかかわらず、被害者にも加害者にもなりうるとわかりました。



ハラスメント研修のお問い合わせ・お申し込みはこちらのフォームから承ります。
 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら