English
Japanese
ホーム > 労務相談(労務顧問) > 能力・適正に欠ける社員の対処法

能力・適正に欠ける社員の対応策

能力・適性に欠ける社員の対処法

訴訟になった場合に、能力・適性に欠けるということの立証は難しいものです。職場のだれもが、その社員には適性がないと実感するような状況であっても、業務の具体的な内容や、職場で必要とされる能力水準などについて、第三者である裁判官にはまったくわからないわけですから、これを理解してもらうことは本当に困難です。

そこで、適正な目標を設定したり、具体的な指示もして時間も十分与えて仕事をさせてみたりするなど、能力・適性の有無が目に見えるようにする工夫が必要です。ここに対応策を挙げてみましょう。
尚、このページは
英文もご用意しております。そちらも是非参考になさってください。

     

対応策1 認識を共有化する
まず、社員の能力不足を明確化し、その点について企業と能力不足社員の認識を共有します。そのため、能力不足社員に対応するには、企業が社員に求める労働能力を、明確にするため文書にして労働者に交付することが必要です。

対応として、退職勧奨や解雇に至るまでに、注意書を交付したり誓約書を提出させたりすることを複数回実施しなければ、立証するのに大変苦労します。

     
対応策2 改善努力を促す
次に、能力不足社員に対し、その不足する能力の改善努力を促すべきです。このためには、3ヵ月間や6ヵ月間など期間を区切った改善指導を実施し、その間は、1~2週間に1度チェックした結果を本人にフィードバックして自覚させる必要があります。ただし、この期間があまりに長いと指導する上司が疲弊してしまうこともありますので、注意が必要です。

その社員に求める「正社員としての適格性」=「(会社が)期待する水準」を明確にし、それに達したか否かを意識的にチェックさせます。これによって会社も当該社員もその水準に達したか否かを明確に認識できて、労働紛争のリスクが低くなります。双方でその認識が共有化できれば、合意退職によって解雇を回避することができ、労使双方にとって良い解決になります。

 ポイントを申し上げると、試用期間6ヵ月のところ入社から3ヵ月ほど経っても本採用にふさわしいレベルまで行っていないとき、残りの期間(2~3ヵ月)で会社が期待する本採用にふさわしい水準に達するかを当該職務に合わせて明確に設定し、半月から数週間ごとに面接でチェックします。

 能力不足社員が改善努力をしても許容範囲に達しなければ、能力不足社員に対し、場合によっては退職勧奨、解雇等により退職することも考えざるを得ないでしょう。

     
対応策3 退職勧奨や解雇までの決断がつかない場合
退職勧奨や解雇までの決断がつかなければ職務を簡易なものに変更し、待遇もそれに見合うものとすべきです。降格命令でそれが達成できればそれを行い、降格命令では達成できなければ、個別の同意を待って変更すべきです。

     
無料相談をご利用ください
社員を解雇する時には様々なルールがあります。平成23年度の民事上の個別労働紛争(約25万件)のうち、解雇に関するものは最多で実に18.9%を占めています。「解雇」は非常に大きなリスクをはらんでいるのです。改めて解雇のルールについて確認してみましょう。

労務について相談できる人がいなかった為に、小さな問題が大きなトラブルに発展する事があります。
会社経営者様や人事ご担当者様が、実際のアクションを起こす前にご相談いただくことで、
ベターソリューションを得られ、安心して問題解決に当たっていただけます。
解雇の事や問題のある社員にお困りの事がございましたら、やみくもに行動する前に是非マーシャルにご相談ください。



 

お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 TEL:045-594-7315


マーシャルでは顧問契約をお勧めしております
普段から企業様と関わることで、その企業様の問題点を事前に把握し、
トラブルに発展する前に解決することが可能になります。
顧問契約の内容としましては、下記のようなご相談をメールや電話で承っております。

 ・ 労働契約のご相談
 ・ 時間外労働手当の支払をめぐるご相談
 ・ 労働時間、休日、休暇をめぐる問題
 ・ 解雇、退職をめぐる問題  他

ご希望により2か月に一度訪問致します。
社外取締役としてもご活用いただけます。

人事労務顧問のページでは、これまでにいただきましたご相談内容を掲載しております。こちらも是非ご一読ください。

社会保険労務士は、労働法や社会保障制度及び人事管理に関する事項において裁判以外の紛争処理(ADR)を
扱うことのできる日本独自の専門家としての資格です。
特定社会保険労務士としては、労働紛争を解決するためのあっせん・調停の代理人となり、解決を図ります。
解雇の事や問題のある社員にお困りの事がございましたら、やみくもに行動する前に是非マーシャルにご相談ください。

また、弊社では「問題社員の対応セミナー」も承っております。
このセミナーでは、
 1)問題が起こる前にどのような対応策を講じていったら 良いのか
 2)会社運営において弁護士と併用しながら社労士を最も効率的に利用していく場面
この2点を質及びコストの面からケーススタディを交えながらご説明いたします。

業績が思うように上がらない不安定な状況下で問題のある社員に対してどのように対応していくか?
またそのような社員の雇用契約を問題を回避しながら終結させることができるのか
下記の5つのケーススタディを使用してご説明します。
詳細は、
こちらのページを参考になさってください。

     
 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら