English
Japanese
ホーム > 英文就業規則作成 > 就業規則作成プラン・導入の流れ

英文就業規則作成プラン

導入の流れ

オプションの項目を含みます。サービスについて詳しくはお問い合わせください。

作成のポイント/作成のチェックリスト

  • 英文就業規則の作成ポイント

    多くの外資系企業のサポートから得たノウハウを基に英文就業規則の作成ポイントをお伝えします。

  • 就業規則作成チェックリスト

    チェックするべき項目について確認。最終的にはプロのチェックが必要ですが、御社のケースに当てはめてみましょう。

報酬について

【日本語で作成する場合】
基本料金(A)面談費用(B)
面談は1回標準2時間
(最低2回必要)
従業員説明会(C)
(1回1時間:
言語:日本語)
労基署への届出(D)
(1事業所につき)
御社の御見積額
A+B+C+D
就業規則
本則
100,000円
1回30,000円
(給与計算・顧問契約を
 締結したお客様は、
 1回分の費用を
 ディスカウントします)
30,000円20,000円A+B+C+D円  
給与規程50,000円
その他の規程
労働契約書
1種類につき
40,000円

※いずれも消費税は含みません(外税)。
※交通費が発生した場合は、別途ご請求致します。

【基本料金】
社内規程の整備をするための基本料金です。
請求金額は 基本料金(A)+面談(B)+オプション(従業員説明会(C)+労働基準監督署への届出(D)の回数で決定致します。

【面談】
社内規程の策定のために、御社の現状と理想を丁寧に聞き取り、最適なソリューションに導きます。

【従業員説明会】
説明会を社会保険労務士が実施、あるいは御社が実施する説明会に社会保険労務士が同席します。

【労基署への届出】
ご希望の場合には、労基署への届出までサポートさせていただきます。
         

就業規則収納ファイルをプレゼント

就業規則の作成をご注文いただいた企業様には、
納品時に就業規則収納ファイルをプレゼントしております。

高級就業規則ファイルで、大切な就業規則がさらにグレードアップいたします。
ポイント1 制定・改定履歴がわかる改訂履歴インデックス付き
ポイント2 改正の際の連絡先がわかる名刺ポケット付き



 




これまでの海外業務実績を掲載しております。ご参考になさってください。

弊社では、英文就業規則に関わる
初回ご相談を無料で承っております(30分)。
無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

※30分を大幅に超えてしまった場合や、ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
 あらかじめご了承ください。


お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。
    



関連ブログ記事
 ■ 「介護休業」取得の判断基準を緩和
 ■ 企業に求められる「マタハラ」防止対策  就業規則に「懲戒処分」明記も!
 ■ 均等法・育介法改正で「マタハラ防止」を企業に義務付け
 ■ 労使慣行と就業規則 
 ■ 自転車通勤に駐輪場の確保を義務付け
 ■ 就業規則の変更について
 ■ (LGBT)性的少数者へのサポート策 ~外資系企業の例~
 ■ (LGBT)性的少数者へのサポート策~同性カップルにも会社が結婚祝い金
 ■ 「個人情報漏えい問題」と企業の情報セキュリティ対策
 ■ ドイツと日本における休暇の取り扱い
 ■ Treatment of Annual Paid Vacation in Germany and Japan
 ■ The Advantages of Preparing Rules of Employment and Employment Contract in English
 ■ 英文就業規則・作成のポイント ~その1~
 ■ 英文就業規則・作成のポイント ~その2~


 

 

 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら