English
Japanese
ホーム > 英文就業規則作成

英文就業規則 国際化対策

労働問題のプロが最適な就業規則を作成します。

  • 日本の労働法制に合わせて就業規則を作成し本国の承認を得たい。
  • ルールを定めて活気ある職場を取り戻したい。
  • 前任者に任せきりだったが法改正に対応できるだろうか。
  • 親会社の就業規則と同じだがトラブルのリスクはないだろうか。

英文就業規則作成

英文就業規則作成のイメージ

外資系企業の就業規則で問題になりやすいところは、本社流の考え方に基づく労務管理やその国の労働法に合わせてテンプレートが作られているということです。そのままでは日本の労働法制になじむところとなじまないところがあります。特に、労働時間制や解雇はどの企業でも問題になりやすい部分です。

アメリカでは随意契約(Employment at will)という考え方があり、
雇用主側がいつ、いかなる理由でも解雇できるという法制度に立っています。その考え方のもと日本で解雇を行った場合、労働契約法で「合理的・客観的な理由」を必要とする日本の労働法のもとでは不当解雇となる可能性があり、社員は労働組合、あっせんや労働審判に持ちかけることがあります。解雇がいったん無効になってしまうと労働契約は引き続き有効となり、その間の給与の支払いが発生するのです。また精神的なダメージを与えたということで和解金などの別の費用の支払いが発生し、会社に多大な被害を与えてしまいます。外資系企業様は、できるだけ早期の段階で雇用契約書と就業規則をきちんと見直す必要があります。

株式会社マーシャル・コンサルティングでは本社のルールブックに日本の法律を照らし合わせ、日本法人独自の規則作りのお手伝いをいたします。
もちろん英語表記、日本語表記、どちらも作成が可能です。


本社からの問合わせに対応

外国本社からでも英語で対応可能です。のイメージ

導入の流れ

オプションの項目を含みます。サービスについて詳しくはお問い合わせください。

報酬について

                              単位(円)
 新規作成業務変更ならびにチェック業務
就業規則   210,000~内容によりお見積り157,500~内容によりお見積り
賃金規程105,000~78,750~
育児介護休業規程105,000~78,750~
旅費規程105,000~78,750~
個人情報管理規程105,000~78,750~
ハラスメント対応規定105,000~78,750~
事業継続プランの作成157,500~115,000~
その他別途お見積りいたします別途お見積りいたします

※この金額には打合せ回数を3回含みます。3回を超えて打ち合わせをご希望の場合には、
  1回につき別途ご相談費用および相談後の規定の調製費用として42,000円を申し受けます。
※交通費は別途承ります。

          



これまでの海外業務実績

弊社では、英文就業規則に関わる
初回ご相談を無料で承っております(30分)。
無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

※30分を大幅に超えてしまった場合や、ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
 あらかじめご了承ください。


お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。




 

就業規則収納ファイルをプレゼント

就業規則の作成をご注文いただいた企業様には、
納品時に就業規則収納ファイルをプレゼントしております。

高級就業規則ファイルで、大切な就業規則がさらにグレードアップいたします。
ポイント1 制定・改定履歴がわかる改訂履歴インデックス付き
ポイント2 改正の際の連絡先がわかる名刺ポケット付き



 

 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら