English
Japanese
ホーム > 雇用契約書・役員契約書の作成・見直し

契約書の作成・見直し

契約書の見直し

1)雇用契約書の見直し

1. 本社の雇用契約書のテンプレートをお送りいただき、日本の労働法その他の関係法令に沿ってレビューを
 行います。雇用契約書はワードでお送りください(紙媒体の契約書しかお手元にない場合には、 
 PDFデータでお送りください)。

2. 日本の法令に抵触する部分や日本でトラブルが起こりやすい部分については、コメントを英語・日本語
 (またはご希望によりいずれか)で下記の点を踏まえて記入します。(コメントのご希望がない場合は、
  2のプロセスは割愛します)

1-どの点が抵触するのか
2ー抵触した場合、会社によってどのようなリスク(社員が労働組合に相談する、あっせんを
  申してるなど)があるのか

3. 日本の法令に沿った形の条文を英語・日本語(またはご希望によりいずれか)で修正致し、修正後の
 雇用契約書をお送り致します。

4. 修正した雇用契約書の内容にご不明な点がある場合には、メール・電話・またはGoogleハングアウトや
 スカイプを活用してご説明致します。

 

ご相談事例:
  • カナダから日本に進出する際に、社員の雇用契約書の見直しをしてほしいというITコンサルティング企業がありました。カナダ本社で現在使用している雇用契約書のテンプレートをメールで受け取り、日本の労働法との違いを指摘し、退職や労働時間の取り扱いなど法律が異なり、トラブルになりやすい条文を変更しました。その後電話とスカイプによりカナダの人事担当者からの質問に対応しました。このようなグローバル対応も可能です。
報酬について

 英文雇用契約書をチェックし、英文で修正を行う場合 : 契約書1枚につき7,500円(消費税別)
 英文雇用契約書のチェック+英文で修正+英文で修正を行った場所の説明を加える場合
 : 契約書1枚につき12,500円(消費税別)

       

2)役員契約書の見直し・作成
同様にして労働契約だけでなく、代表となる方の役員契約書(Director’s Agreement)を見直して、役員になる方が安心して仕事をしていただくためのサポートを行っています。

外資系企業では、日本の法人を設立する際、または代表者変更の際に、従来社員であった方を代表取締役などの役員にするケースがあります。社員のときは労働法に基づき会社と雇用契約が交わされますが、代表取締役に就任すると会社法に定められた会社からの委任という形態をとります。
代表取締役に就任する方は、通常本社との間でDirector’s Agreementを交わします。代表取締役という重要な職務に就任するにあたり、従来の責任範囲や義務が今までの雇用契約とは大きく異なります。日本の会社法との整合性ももちろん大切ですが、今後就任する方の契約内容がどのように変更になるのか(どの点が有利またはリスクとなるのかなど)、就任前に十分に理解し、納得のいく形でAgreementを締結しておくことで、安心して代表取締役に就任し、お仕事を進めていただくことができます。そのために次のプロセスで見直しおよび作成を進めます。


1. 本社とのDirector’s Agreement と現在の社員としての雇用契約書をお送りいただき、Director’s
  Agreementの内容を日本の会社法に沿ってレビューを行います。
   (Director’s Agreementについてはpdf(できればワード)でお送りください。)

 
2. 役員に就任する方の従来の労働契約と役員の契約の相違点を下記の点を踏まえて英語・日本語
 (またはご希望によりいずれか)で報告致します。
   1-どの点が従来より有利なのか
   2-逆に不利になるのか
   3-役員になることにより責任の範囲がどのように広がるか
   4-本社に現段階で修正をお願いする箇所とどのように修正しておく必要があるか

 
※ 1と2が終わった段階でご報告致します。 
役員契約書の内容が日本の会社法と整合性がとれており、特に変更の必要がなければここで作業を終了致します。日本の会社法に抵触する部分があり、条文変更が必要な場合には次の作成作業を進めます。

3. 会社法に沿った形の条文を英語・日本語(またはご希望によりいずれか)で修正致し、修正後のDirector’s
  Agreementをお送り致します。

※ Director’s Agreement については、本社でご用意いただいたものを弊社でレビューするケースが一般的ですが、おおまかな条件をご提示いただき、弊社で作成を行うことも可能です。 ぜひお気軽にご相談ください。

 
ご相談例

ドイツ系自動車産業の外資系企業。新しく日本に法人を設置する際に、代表取締役を選任するにあたり、もともとこのような契約書が本社になかったため、定款(案の段階のもの)と役員報酬の額などおおまかな条件だけをもとに、一からDirector’s Agreementを作成しました。


 

報酬について

 英文雇用契約書をチェックし、英文で修正を行う場合 : 契約書1枚につき8,000円(消費税別)
 英文雇用契約書のチェック+英文で修正+英文で修正を行った場所の説明を加える場合
 : 契約書1枚につき13,000円(消費税別)


 




弊社では、契約書の作成・見直しに関わる初回ご相談を無料で承っております(30分)。
お困りの事がございましたら、お気軽に
無料相談お申込みフォームより、お申込みください。

※30分を大幅に超えてしまった場合や、ご相談の内容によりましては料金が発生する場合がございます。
※また、お問い合わせの内容によっては、弊社からの回答ができかねる場合がございますので、
 あらかじめご了承ください。


お急ぎの際は、ご遠慮なくお電話ください。 TEL:045-594-7315

 

〒220-0004
横浜市西区北幸2-9-40 銀洋ビル8階

ホームページを見たとお伝えください 045-594-7315

受付時間 10:00~18:00

お問い合わせ 詳しくはこちら