日本の年金制度に加入したことがある外国人の方へ

日本に住んだり、日本の企業に勤めたりして日本の年金制度に加入したことがある人は、年金を受けるために必要な資格期間の条件を満たしていれば、国籍や住所地に関係なく、日本の年金制度から年金を受け取ることができます。

 

受給資格要件

日本の年金を受け取るために必要な加入期間は原則10年です。

この10年間とは、日本の企業などに勤めて日本の年金制度に加入し、保険料を支払った期間です。

また、日本は諸外国と「社会保障協定」を締結しており、この協定により、資格要件の不足を埋めるために、締約国の加入期間と日本の加入期間を通算することが可能となっています。

ただし、一部の国との協定には年金加入期間の通算措置が盛り込まれていない場合もありますのでご注意ください。

 

受給開始年齢

原則として年金は65歳から受給できます。

 

日本の年金受給額

年金受給額は、保険料納付期間を含む日本での有効加入期間に基づいて計算されます。

 


マーシャルコンサルティングでは、あなたに代わって日本の年金制度に加入した期間を調査します。

また、日本の年金の受給資格期間を満たしている場合は、年金の受給手続きを代行いたします。

 

日本で働いたことがある方、日本の年金制度について知りたい方は、下記URLよりお問い合わせください。

https://www.mashr.co.jp/english-2/

https://www.mashr.co.jp/inquiry/

電話やZoom等でのご相談も可能です。

英語で対応させていただきます。

2023年9月末までに限り、初回相談30分まで無料となります。

おすすめ

人気の投稿